芸術選奨 > 芸術選奨新人賞

芸術選奨新人賞(げいじゅつせんしょうしんじんしょう)、芸術選奨文部科学大臣新人賞(げいじゅつせんしょうもんぶかがくだいじんしんじんしょう)は、文化庁主催の芸術家顕彰制度・芸術選奨により贈られる芸術賞。1968年〈昭和43年〉の第18回(1967年〈昭和42年〉度)より、各年度毎に芸術各分野においてその業績により新生面を開いた芸術家に対し贈られる。

芸術選奨文部科学大臣新人賞
受賞対象 芸術各分野においてその業績により新生面を開いた人物
開催日 3月中旬
会場 東京都内ホテル
日本の旗 日本
授与者 文化庁
報酬 賞状
賞金20万円
初回 1968年昭和43年
第18回(1967年昭和42年〉度)
最新回 2020年令和2年)
第70回(2019年〈令和元年〉度)
公式サイト https://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/jutenshien/geijutsuka/sensho/

2000年平成12年)の第50回(1999年〈平成11年〉度)までの旧名称は芸術選奨文部大臣新人賞

概要編集

第18回芸術選奨1968年)から設定された賞。正式には、「芸術選奨文部大臣新人賞」(1999年まで)、「芸術選奨文部科学大臣新人賞」(2000年から)という。

対象部門編集

芸術選奨文部科学大臣賞」と同様に、演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、放送、大衆芸能、芸術振興(2004年から)、評論等、メディア芸術(2008年から。メディアアート、漫画、アニメなど)の11分野が対象となる。

表彰編集

毎年3月中旬に受賞者が発表され、同月下旬に東京都内のホテルにて贈呈式が行われる。受賞者には賞状と賞金20万円が贈られる。

受賞者編集

新人賞と銘打っているが、かなり高齢の者でも受賞する傾向がある。また、異なる部門で複数受賞することがある(演劇・映画各部門で受賞した蒼井優など)。

1960年代・1970年代編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

2020年代編集

関連項目編集

外部リンク編集