本多 忠典(ほんだ ただつね)は、江戸時代中期の大名三河国岡崎藩2代藩主。官位従五位下中務大輔。忠勝系本多家宗家12代。

 
本多忠典
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦14年1月24日1764年2月25日
死没 寛政2年8月26日1790年10月4日
改名 長之進(幼名)、忠典
戒名 真誉実際義空縁了院
墓所 東京都府中市紅葉丘の誓願寺
官位 従五位下中務大輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
三河岡崎藩
氏族 本多氏(平八郎家)
父母 本多忠盈、松井氏娘・法王院
本多忠粛
兄弟 忠典
秋元永朝娘・了智院
忠顕
テンプレートを表示

生涯編集

宝暦14年(1764年)1月24日、石見国浜田藩主・本多忠盈の次男として石見浜田にて誕生。安永6年(1777年)に岡崎藩主・本多忠粛が死去したため、その養子として家督を継ぐ。しかし本多氏は、相次ぐ移封で財政難となる。そのため、幕府に豊かな土地への移封を願い出るが許されず、代わって安永7年(1778年)に1万両を10年かけて与えられることとなり、諸役も免除されることとなった。天明3年(1783年)には預かり地を与えてもらうように幕府に願い出るが、これも許されなかった。

寛政2年(1790年)8月26日、江戸で死去した。享年27。跡を養子・忠顕松平頼謙の次男)が継いだが、相次ぐ藩主の早世と養子問題から、死後に藩内で家督抗争が起こった。