岡崎藩(おかざきはん)は、三河国(現在の愛知県東部)を領有した。藩庁は岡崎城に置かれた。

目次

藩史編集

立藩以前の歴史編集

岡崎城は徳川家康生誕の地であり、三河における徳川氏の最重要拠点であった。小田原征伐後、家康が関八州に移封されると、豊臣氏の家臣田中吉政が10万石で入った。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで吉政は東軍に与して武功を挙げたことから、筑後国柳河藩32万5000石へ加増移封された。

本多彦次郎家統治時代編集

慶長6年(1602年)2月に徳川氏譜代の重臣本多康重(本多彦次郎家)が上野国白井藩より5万石で入った。これが、岡崎藩の立藩である。康重は家康の信任が厚く、3万石加増の5万石で藩主となっている。慶長9年(1604年)に検地を実施し、東海道の整備、城下町の建設などに尽力したが、岡崎は立地条件が悪く、「岡崎の27まがり」と呼ばれて細長い城下町になったという。

第3代藩主本多忠利時代の寛永11年(1634年)、5000石の加増を受ける。正保2年(1645年)6月27日、第4代藩主本多利長遠江国横須賀藩5万石へ移封された。

水野氏統治時代編集

その直後の7月14日に三河吉田藩から水野忠善が5万石で入った。忠善は新田5000石を弟の水野忠久に分与している。藩政では慶安2年(1649年)の検地をはじめ、新田開発、支配機構の整備などが行なわれた。

しかし第2代藩主水野忠春奏者番寺社奉行に任じられ、第4代藩主水野忠之老中として享保の改革に参与した。このように歴代藩主が幕閣に入ったことから出費が激しく、さらに領内での天災も相次ぎ、藩財政は悪化した。このため、第6代藩主水野忠辰は財政再建を目指して保守的な家老を隠居させ、藩政改革を行なうが、保守派家老の妨害にあって改革は失敗し、失意に落ちた忠辰は保守派家老によって押込められ、隠居させられる。

第7代藩主水野忠任は、宝暦12年(1762年)9月30日に肥前国唐津藩6万石へ加増移封された。

松井松平家統治時代編集

代わって下総古河藩より、松平康福が5万4000石で入る。康福は幕閣として幕政に参与していたことから、藩政の治績はほとんどない。明和6年(1769年)11月18日、石見国浜田藩へ移封された。

本多平八郎家統治時代編集

それと入れ替わる形で本多忠粛が5万石で入る。こうして藩主家は定着した。本多平八郎家の統治時代は、藩財政難に悩まされた時代である。本多平八郎家は本多忠勝以来の名門であったが、相次ぐ移封と石高に較べての家臣の多さから財政は窮乏していた。

第2代藩主本多忠典中根忠容を家老に登用し、さらに服部平兵衛も登用して財政再建を目指した。さらに江戸商人三谷喜三郎の協力を得て緊縮財政政策を実施し、財政改革は一時的な成功を収めた。また、矢作川沿いの農村で綿作が盛んに行なわれ、三河木綿が生産されるようになった。しかし天保期には飢饉が続いて一揆も起こり、財政窮乏が再びひどくなった。

第5代藩主本多忠民は再び財政改革を行ない、農村有力者と協力して再建に当たった。一方で忠民は京都所司代・老中として幕末の幕政に参与し、公武合体に尽力した。しかしこのため、藩内では佐幕派と尊王派で争い、脱藩者も出る騒動が起こった。

第6代藩主本多忠直時代の明治2年(1869年)に版籍奉還が行なわれて岡崎藩知事に任じられ、明治4年(1871年)の廃藩置県で廃藩となった。

岡崎藩の歴代藩主は全て譜代大名であり、徳川氏より信任が厚く、もしくは縁も深い人物が多かった。

歴代藩主編集

本多家編集

譜代 5万石→5万5000石

  1. 本多康重(やすしげ)
  2. 本多康紀(やすのり)
  3. 本多忠利(ただとし)
  4. 本多利長(としなが)

水野家編集

譜代 5万石→6万石

  1. 水野忠善(ただよし)
  2. 水野忠春(ただはる)〔奏者番・寺社奉行〕
  3. 水野忠盈(ただみつ)
  4. 水野忠之(ただゆき)〔奏者番・若年寄・京都所司代・老中〕
  5. 水野忠輝(ただてる)
  6. 水野忠辰(ただとき)
  7. 水野忠任(ただとう)

松平(松井)家編集

譜代 5万400石

  1. 松平康福(やすよし)〔奏者番・寺社奉行・大坂城代・西の丸老中・老中〕

本多家編集

譜代 5万石(10万石格)

  1. 本多忠粛(ただとし)
  2. 本多忠典(ただつね)
  3. 本多忠顕(ただあき)
  4. 本多忠考(ただなか)
  5. 本多忠民(ただもと)〔奏者番・寺社奉行・京都所司代・老中〕
  6. 本多忠直(ただなお)

幕末の領地編集

脚注編集

[ヘルプ]
先代:
三河国
行政区の変遷
1602年 - 1871年 (岡崎藩→岡崎県)
次代:
額田県