メインメニューを開く

本多 忠常(ほんだ ただつね)は、大和国郡山藩の第2代藩主。

 
本多忠常
時代 江戸時代前期から中期
生誕 寛文元年(1661年
死没 宝永6年4月17日1709年5月26日
戒名 泰譲院殿真誉有謙大居士
墓所 奈良県大和郡山市外川町発志禅院
官位 従五位下能登守
大和国郡山藩
氏族 本多氏本多平八郎家
父母 父:本多忠義
兄弟 忠平忠利忠以忠晴忠周
忠常忠寄、他女子
正室:浅野綱晟の娘
なし、養子:忠直冨姫本多忠利娘、黒田吉之正室)
テンプレートを表示

寛文元年(1661年)、本多忠義の六男として生まれる。初代藩主本多忠平の実弟。延宝5年(1677年)閏12月26日、従五位下、能登守に叙位・任官する。元禄8年(1695年)、兄の死去によりその養嗣子として家督を継いだ。

元禄12年(1699年)、城下町の大火、江戸屋敷の火事、京都御所の造営などによる再建・造営費用などで出費が重なり、藩財政が窮乏化した。宝永4年(1707年)10月10日、四兄忠晴の長男の忠直を養子とした。

宝永6年(1709年)4月17日、49歳で死去し、忠直が跡を継いだ。

忠常の墓碑は大和郡山市の指定文化財となり、林信篤によってその墓碑には忠常一代の経歴が刻銘されている。