メインメニューを開く

本庄 寿巨(壽巨、ほんじょう ひさなお、1855年8月19日(安政2年7月7日[1])- 1929年昭和4年)7月15日[1][2])は、明治大正期の司法官銀行家、政治家華族貴族院子爵議員。旧姓・細川[1][3]本荘と表記する場合がある[2][3]

目次

経歴編集

肥後宇土藩主・細川行芬の十男として生まれる[1][3][4]1877年6月16日、旧美濃高富藩主家当主・本庄久米(本庄道美五女)の入夫となり家督を継承[1][3][4]1884年7月8日、子爵を叙爵した[5]

1876年1月、司法省出仕となる[2][3][4]。以後、内務省地理局雇、内務属、鹿児島治安裁判所詰判事、都城治安裁判所詰判事、延岡区裁判所検事兼宮崎地方裁判所検事、麹町区裁判所検事、兼京橋区裁判所検事、東京区裁判所管内公証人などを務めた[3][4]。退官後、実業界に転じ、御嶽貯蓄銀行頭取、愛国銀行取締役、東華銀行頭取、日本信託会社取締役などを務めた[3][4]

1890年7月、貴族院子爵議員に選出され、1911年7月まで3期在任した[2]

1916年8月5日に隠居し[6]、同年9月12日に分家した[1]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』下巻、503-504頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』54頁。
  3. ^ a b c d e f g 『大日本華族大鑑』追加之部9-10頁。
  4. ^ a b c d e f g 『人事興信録』第4版、ほ37頁。
  5. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  6. ^ 『官報』第1213号、大正5年8月15日。
  7. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』下巻、846頁。
  8. ^ 『官報』第699号、大正3年11月30日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
高富本庄家初代
1884年 - 1916年
次代:
本庄兼則