メインメニューを開く

本庄繁長の乱(ほんじょうしげながのらん)は、永禄11年(1568年)4月から永禄12年(1569年)3月にかけて本庄繁長上杉謙信(当時は上杉輝虎、以下本項では「謙信」で統一する)との間で行われた越後国本庄城を中心とした戦い。

発端編集

永禄4年(1561年)、上杉謙信(政虎)と甲斐武田信玄が戦った第四次川中島の戦いの軍議において、上杉家臣の長尾藤景は謙信の戦術を批判、これをきっかけに謙信と藤景は対立するようになっていた。その後、永禄11年(1568年)に謙信(輝虎)の命を受けた本庄城主・本庄繁長は祝宴の名目で藤景・景治兄弟を誘い出し、両者を誅殺。繁長自身も手傷を負いながら計画を遂行したものの、謙信からの恩賞はなかった。

これに不満を持っていた繁長に対し、謙信の上洛を阻もうとする武田信玄から誘いがあったことで繁長もその計略に乗り、謀反を計画するようになる。謙信は畠山七人衆によって能登を追放された畠山義続畠山義綱父子を入国させるべく、七人衆方の神保氏張の居城守山城を攻撃に越中に進撃。これを機に、繁長は、謙信に不満を抱く国人衆を集めようとし、各国人衆に密書を送る。密書を送った主な人物は次の通り。

しかし、景資はそのまま密書を謙信に見せ、繁長の謀反は発覚した。驚いた謙信は、即座に陣を引き払って春日山城(現・新潟県上越市)へ帰り、繁長の居城である本庄城(現・新潟県村上市)攻略の準備を進めた。謙信はただちに手を打った。本庄一族の鮎川盛長が忠誠を誓うと、中条はもちろんのこと色部、黒川などの揚北衆は次々と謙信方に付いた。こうして、繁長は、信玄の援軍が来るまで籠城を余儀なくされた。

包囲編集

ところが、信玄は永禄11年(1568年)7月に謙信方の飯山城の攻略にかかったものの、それ以上の進軍はできずにおり、また同時期に他方面の駿河攻略に注力していたために積極的な攻勢には出なかった。また、繁長の反乱には、庄内大宝寺義増が支援を行なっていた。これに対し、謙信は本庄城攻略より先に大宝寺方へ兵力を差し向ける動きを見せると、義増は早々に降伏、息子義氏を人質として差し出した。謙信は本庄氏を支援する勢力を一掃した後、11月中旬頃にかけて本庄城の包囲を進めた。

奮戦、そして帰参編集

繁長は謙信の軍勢に包囲される中でよく凌ぎ、翌永禄12年(1569年)1月10日(1569年2月7日)には謙信の軍勢に加わっていた色部勝長を夜襲によって討ち取る戦果を挙げている。しかし、その頃には既に本庄城の防備も限界をきたしており、繁長は1月中旬頃より伊達氏蘆名氏による仲介講和を模索しはじめた。 2月下旬~3月初旬にかけ、繁長嫡男の千代丸(後の顕長)を人質として謙信に差し出す事、繁長の一時蟄居を条件に講和がまとまり、繁長の反乱は収束した。謙信に対する謀反、降伏という結果に至ったものの、繁長の勢力、影響力は上杉家中でも引き続き重きをなし続けた。