メインメニューを開く

本田良寛(ほんだ よしひろ、1925年2月27日 - 1985年7月1日)は、昭和時代後期の医師[1]

人物編集

1925年(大正14年)2月27日生まれ。大阪府出身。大阪市立医学専門学校(後の大阪市立医科大学、現在は大阪市立大学へ編入)を卒業、開業医を継ぐ。

1963年(昭和38年)から大阪市西成区あいりん地区釜ヶ崎)で医療活動にあたり、「釜ヶ崎の良寛(りょうかん)さん」として知られた。

1970年(昭和45年)発足の大阪社会医療センター付属病院長となる。

1985年(昭和60年)、60歳で死去。

著書編集

  • 『にっぽん釜ケ崎診療所』(1966年、朝日新聞社
  • 『釜ケ崎かて明日がある―ケンカ医者の世直し論理』(1972年、日新報道)

受賞歴編集

脚注編集