メインメニューを開く

本谷 亜紀(ほんや あき、1988年5月18日 - )は、オイシックス株式会社広報室のパート社員、株式会社フラッグシップアーティスツ所属のラーメン評論家兼タレント[1]

目次

略歴編集

埼玉県生まれ、東京女子大学出身。中学校及び高等学校教諭の一種免許状(英語)を所有。身長153㎝[2]

幼少よりラーメンに親しんで育つ。高校時代より食べ歩きを始める。予備校がラーメン激戦区池袋にあったことが一つの契機となった。大学に入学後は、食べ歩きサークルを主宰していた。 現在も一年間350杯のラーメンを食す事を豪語している。 テレビ朝日の深夜番組『お願い!ランキング』において、ラーメン官僚こと田中一明のアシスタント募集企画「ラーメン隊オーディション」に合格[3]。オーディション合格時、大学在学中であったことから、「ラーメン女子大生」の愛称で呼ばれる。

大学卒業後はラーメン評論家としての活動を本格化。Yahoo!Japanラーメン特集「極嬢メン総選挙!!」において優勝する[4]。らあめん花月嵐の期間限定メニュー「ベジラーメン菜菜」をプロデュース[5]。「森田一義アワー 笑っていいとも!」のコーナー「私立 その道のプロ高校」において「ラーメンまる秘攻略術」と題し、2週連続で講師役をつとめる[6]。また、トークショーには親交のあるお笑いタレントやラーメン評論家が駆けつけ、80人以上のファンが訪れるイベントとなっている[7]

独自ドメイン(honya-aki.com)によるメインブログ『本谷亜紀のゆるっとラーメンブログ』の更新が2013年5月11日で止まり、アップされたままで放置される中、新ブログ『本谷亜紀の麺マガ!』を2013年10月20日から開始している[8]。なお、同ブログは2014年1月からコメント拒否に変更されている。

発言編集

2013年4月18日 ラーメン店の休日に関する発言が物議を醸す。

訪れたラーメン店・渋谷「鬼そば藤谷」が定休日だったのに臨時休業と勘違いをして、「理由ない休みは人を悲しくさせる」とTwitterで苦言を呈した[9]。間違いを指摘されると、「食べログには年中無休と書いてあった」と発言[10] 。さらに「店が情報を書き換えたから現在は定休日が記載されている」などと言い訳を続けた[11]。だが、その店は当初よりその定休日であり、さらに食べログの最終更新日は、騒動よりはるか前の2012年9月であった[12]。最終的にブログで謝罪を掲載したものの、あくまでも「食べログには木曜日定休とは書いてなかった」と言い張った為、更なる騒動となった。[13]

著作編集

メディア編集

その他編集

参考文献編集

外部リンク編集