メインメニューを開く

FRIDAY (雑誌)

日本の写真週刊誌
フライデー (雑誌)から転送)

FRIDAY(その読みからしばしばフライデーとも)は、講談社が発行している、1984年昭和59年)11月9日創刊の写真週刊誌である[1]。原則として毎週金曜日に発売される[1]。誌名は金曜日に由来[2]

FRIDAY
ジャンル 写真週刊誌
刊行頻度 週刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 講談社
刊行期間 1984年11月9日 - 現在
ウェブサイト friday.kodansha.ne.jp
テンプレートを表示

概要編集

写真週刊誌として知名度が高く、有名人がFRIDAYにより何らかの事実をスクープされることを指して、「フライデーされる」と呼称されることもある[3][4]

一方、取材手法や記事内容については、プライバシー人権法律を軽視していると指摘されることもある。

2003年平成15年)には創刊1000号を突破した。ゴールデンウィークお盆年末年始に合併号を発行する。また、年に数回、増刊号として「フライデーダイナマイト」を発行している。主な違いとしてグラビアの量や過去に掲載した記事の総集編、様々なジャンルの特集記事を行うことが多いという点がある。販売店の自主規制によって「ダイナマイト」は成年向け雑誌として扱われる場合もある。

過去には、関連する刑事事件としてビートたけしらによるフライデー襲撃事件が発生している。

一部人物(特にグラビアを掲載する女性)において、独特の表記をする例がある(『週刊現代』も同様)。

  • 壇蜜は、それが1つの名前であることが定着した後も、プロフィール欄のふりがなは姓名区切りの「だん・みつ」としている。
  • 高橋しょう子は、グラビアアイドル(高崎聖子)時代からの愛称「たかしょー」と表記しており、「高橋しょう子」という表記例は見られない(プロフィール欄のふりがなは「たかはし・しょうこ」と、芸名を隠していない)。
  • 並木塔子は、AVデビューした2016年内まで「さん」付けで表記していた。

ライバル誌編集

同じジャンルの写真週刊誌『FOCUS』(新潮社)、『FLASH』(発行元のグループ企業の光文社が発行)と共に「3Fスリーエフ)」と呼ばれていた[5]が、『FOCUS』が2001年に休刊して以降は、写真週刊誌では発行部数(40万9,082部 日本雑誌協会)で一位である。最盛期には毎号200万部を売り上げており、2015年度は年間26万部の売上であった[6]

FRIDAY創刊以降の1980年代半ばは写真週刊誌ブームで、『Emma』(文藝春秋)『TOUCH』(小学館)など他の大手出版社もこぞって写真週刊誌を発行し「3FET」の時代となったが、『Emma』『TOUCH』の2誌は競争に勝てず、いずれも1990年代を迎えることなく短期間で休刊した。

増刊号編集

増刊号として『FRIDAYスペシャル』(2014年以降は発行なし)や『FRIDAYダイナマイト』が不定期に発売されている。

歴代編集長編集

※出典:『講談社の100年』(同社社史)

氏名 在任期間 備考
伊藤寿男 1984年7月 - 1985年6月 元「週刊現代」編集長。後にテーミス社を設立して学習研究社週刊テーミスを発行。[7]
寺島昭彦 1985年6月 - 1987年4月 編集長退任後は「週刊現代」編集長に着任。
須川真 1987年4月 - 1988年4月
森岩弘 1988年4月 - 1991年3月 編集長退任後は「週刊現代」編集長に着任。
元木昌彦 1991年3月 - 1993年3月 編集長退任後は「週刊現代」編集長に着任。
鈴木哲 1993年3月 - 1996年7月 編集長退任後は他部署へ異動後、「週刊現代」編集長に着任。
谷雅志 1996年7月 - 1998年3月
加藤晴之 1998年3月 - 2000年7月 編集長退任後は学芸図書出版部担当部長、「週刊現代」編集長を歴任。
鈴木智之 2000年7月 - 2002年6月
出樋一親 2002年6月 - 2004年7月
中本顕二 2004年7月 - 2006年3月
出樋一親 2006年3月 - 2008年4月 2度目の編集長就任。「週刊現代」編集部(編集長)から異動。
仙波久幸 2008年4月 - 2009年6月
秋吉敦司 2009年6月 - 2012年6月

エピソード編集

発行部数編集

発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 380,000 部 375,834 部 364,616 部
2009年 345,000 部 335,417 部 340,000 部 330,231 部
2010年 316,667 部 315,734 部 324,892 部 305,546 部
2011年 303,625 部 306,000 部 308,131 部 311,250 部
2012年 296,539 部 296,100 部 311,850 部 305,910 部
2013年 293,334 部 275,917 部 269,167 部 269,167 部
2014年 273,637 部 275,834 部 277,500 部 278,462 部
2015年 260,000 部 263,334 部 260,910 部 253,847 部
2016年 254,167 部 256,364 部 257,500 部 254,167 部
2017年 254,167 部 254,167 部 250,833 部

脚注・出典編集

  1. ^ a b 総合誌(書籍紹介)”. 講談社. 2018年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月19日閲覧。
  2. ^ FRIDAY(フライデー) 1~1035号 – 文生書院
  3. ^ 「フライデーされる」の意味や使い方 Weblio辞書”. 2017年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月29日閲覧。
  4. ^ “フライデー襲撃事件からちょうど30年! 成宮寛貴をスクープした『FRIDAY』”. エキサイトニュース (エキサイト). (2016年12月10日). http://www.excite.co.jp/News/90s/20161210/E1481294581187.html 2017年1月13日閲覧。 
  5. ^ 創刊60周年、週刊女性古参記者が語る「田原俊彦と中山美穂の幻のデート取材」ほか”. 週刊女性PRIME (2017年1月12日). 2017年1月13日閲覧。
  6. ^ フライデー創刊編集長で襲撃事件の当事者・伊藤寿男さんに聞く「怒られても前向きでいる方法」”. パソナキャリア. はたラボ ~働くコト研究所~ (2016年5月13日). 2017年1月13日閲覧。
  7. ^ 編集者ほど面白い仕事はない/伊藤 寿男【著】- 紀伊國屋書店ウェブストア”. 紀伊國屋書店. 2017年1月13日閲覧。
  8. ^ 三島事件にて自決した際、介錯された。
  9. ^ 「サミットで首脳夫人にも嫌われた森喜朗首相の英会話」『週刊文春』第42巻第29号、文芸春秋、2000年8月3日、 27-28頁。“国立国会図書館サーチより(詳細情報)
  10. ^ 中村真理子「森首相、クリントン大統領に「フー・アー・ユー」失言の真偽」『週刊朝日』2000年8月11日
  11. ^ “ブッシュ再選と今後の日米関係”. 琉球新報. (2004年12月8日). http://ryukyushimpo.jp/modules/icontent/inPages/imagesLibrary/forum/pdf/200501ryukyu_forum.pdf 2013年10月18日閲覧。  この第141回琉球フォーラム講演会にて高畑は創作である旨を認めた。
  12. ^ 「マスコミとの387日戦争」『新潮45』2001年6月
  13. ^ “島田紳助さんが勝訴 フライデー記事で賠償命令”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年9月26日). https://web.archive.org/web/20120929000553/http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012092601002642.html 2017年10月12日閲覧。  ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  14. ^ “バナナマン日村とあの元NHK美人アナ仰天の半同棲中!!”. フライデー (講談社). (2015年4月17日). http://elb.friday.kodansha.ne.jp/archives/46204 2016年8月29日閲覧。 
  15. ^ “バナナマン日村 8歳下・神田愛花アナと熱愛、ともに認める”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2015年4月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/17/kiji/K20150417010185180.html 2016年8月29日閲覧。 
  16. ^ “バナナマン・日村 神田愛花と結婚 交際約3年 45歳の春”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年4月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/07/kiji/20180407s00041000076000c.html 2018年4月7日閲覧。 
  17. ^ a b フライデー2019年6月21日号、26-29頁
  18. ^ “カラテカ入江 吉本解雇…振り込め詐欺集団の忘年会仲介 コンビの今後は未定”. デイリー. (2019年6月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/07/0012403770.shtml 2019年6月7日閲覧。 
  19. ^ “宮迫博之、田村亮、レイザーラモン HG、福島善成、くまだまさし、パンチ浜崎、木村卓寛、ムーディ勝山、2700、ディエゴに関するご報告とお詫び” (プレスリリース), 吉本興業, (2019年6月24日), https://www.yoshimoto.co.jp/corp/news/media/media190624.html 2019年6月24日閲覧。 
  20. ^ “ザブングルの謹慎処分をワタナベエンターテインメントが発表”. お笑いナタリー. (2019年6月24日). https://natalie.mu/owarai/news/336957 2019年6月25日閲覧。 
  21. ^ フライデー2019年7月12日号、26-29頁
  22. ^ “「2700」も無期限謹慎処分 スリムクラブと同じ暴力団関係者の会合に出席 吉本興業が正式発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年6月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/27/kiji/20190627s00041000273000c.html 2019年7月1日閲覧。 
  23. ^ フライデー2019年8月2日号、26-29頁
  24. ^ “吉本興業が宮迫さんとの契約解消、写真週刊誌が新たな記事”. 共同通信社 (共同通信). (2019年7月19日). https://this.kiji.is/524749474851947617?c=39546741839462401 2019年7月19日閲覧。 
  25. ^ “宮迫博之(雨上がり決死隊)、マネジメント契約解消のご報告” (プレスリリース), 吉本興業, (2019年7月19日), https://www.yoshimoto.co.jp/ 2019年7月19日閲覧。 
  26. ^ “孫装い電話、300万円詐欺容疑で三重のブラジル国籍の男逮捕 愛媛県警”. 産経新聞社 (産経WEST). (2018年1月29日). https://www.sankei.com/west/news/180129/wst1801290081-n1.html 2019年10月2日閲覧。 
  27. ^ “吉本芸人らの解雇・謹慎に箕輪厚介氏「メディアが反社会勢力から写真を買ったのだとすれば気持ち悪い」”. Abema TIMES. (2019年6月24日). https://times.abema.tv/posts/7007934 2019年10月2日閲覧。 
  28. ^ ““闇営業”報道のフライデーは情報提供者から宮迫の写真を買ったのか? 講談社の回答は…”. AERA dot.. (2019年7月3日). https://dot.asahi.com/dot/2019070300098.html 2019年10月2日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集