教えてもらう前と後

MBS制作のテレビバラエティ番組

教えてもらう前と後』(おしえてもらうまえとあと)は、2017年10月17日から、毎日放送MBSテレビ)の制作により、TBS系列で、毎週月曜日の22:00 - 22:57(JST)に放送されている教養バラエティ番組である。2016年12月20日[1] と2017年2月4日パイロット版が放送された[2]

教えてもらう前と後
ジャンル 教養バラエティ番組
構成 そーたにたむらようこ、高野健生、羽田正樹
演出 前田朗光(総合演出)、佐藤智洋
監修 千葉隆弥
司会者 滝川クリステル博多華丸・大吉
ナレーター 大塚芳忠、内田真礼、奥田民義
製作
チーフ・
プロデューサー
林智也
プロデューサー 深迫康之
編集 橋本淳一郎、田代陸
制作 毎日放送
放送
放送チャンネルTBS系列
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
池上彰が選んだ2016年 決定的瞬間!〜教えてもらう前と後〜
(パイロット版1)
プロデューサー水野雅之(MBS)、佐藤洋介
司会者池上彰、滝川クリステル
放送期間2016年12月20日
放送時間火曜19:00 - 20:54
放送分114分
回数1回
教えてもらう前と後
(パイロット版2)
プロデューサー水野雅之(MBS)、齋藤智礼(ダイナマイトレボリューションカンパニー
ナレーター槇大輔
放送期間2017年2月4日
放送時間土曜14:00 - 15:24
放送枠スパニチ!!
放送分84分
回数1回
教えてもらう前と後
(レギュラー版・火曜20時台)
放送期間2017年10月17日 - 2021年3月16日
放送時間火曜20:00 - 20:54
放送分54分
教えてもらう前と後
(レギュラー版・月曜22時台)
放送期間2021年4月5日 -
放送時間月曜22:00 - 22:57
放送枠地球を笑顔にするWEEK(2021.4.26)
放送分57分

特記事項:
レギュラー第1回目は2時間SP(19:00 - 20:54)。
枠移動後の初回は2時間SP(21:00 - 22:57)。
テンプレートを表示

概要編集

特定のジャンルに関して専門家や、その分野を愛してやまない「LOVER」が独自の視点で選んだ「決定的瞬間」について紹介した上で解説し、「知のビフォーアフター」を体感させるといった内容[3]

本番組は近年のゴールデンタイムにおける在阪局制作の全国ネット番組では珍しく、大阪・毎日放送本社内のスタジオで収録されたことがある[4]。通常は東京メディアシティ内のレモンスタジオで収録されている[5]

2019年1月1日放送分は『TFP2019』のため、同年6月25日放送分は『その他の人に会ってみたゴールデン2時間スペシャル』のため、休止となった[6]。その模様は7月2日に延期。

2020年5月には、提供クレジットをソーシャルディスタンスで表現する形で行った(VolkswagenKIRINの2社)。

2021年4月改編で、火曜20時台に、同年3月まで水曜『テッペン!』枠で放送されていた『バナナサンド』がこれまでの木曜0時台(水曜深夜)から枠移動[7]。これによって当番組は、同年4月5日より『CDTVライブ!ライブ!』の月曜21時台への繰り上げで空いた月曜22時台に移動した[8]。月曜22時枠が毎日放送制作となるのは、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列ポーラ名作劇場[9]以来58年ぶりで、「腸捻転解消後」かつ「バラエティ番組」では初であり、月曜日のプライムタイムに毎日放送制作の番組が放送されるのも「腸捻転解消後」初となる。同時に月曜日のプライムタイムで在阪5局が全国ネット番組の放送経験を持つことになる。当番組の枠移動により、ゴールデンタイムでの毎日放送制作の番組は『プレバト!!』のみとなるが、当番組の月曜22時台に移動により、日曜の同時間帯も毎日放送制作の番組(『日曜日の初耳学』)のため、2日連続で毎日放送制作の番組が放送されることになった。[10] 視聴率に関しては、火曜時代は安定した数字を保ってたが、月曜に移動してからは裏番組の『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『報道ステーション』(テレビ朝日系)に加え『所JAPAN』(カンテレ制作フジテレビ系)、同時期に移動して『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)惨敗することが多い。

出演者編集

MC編集

ファミリー(レギュラー)編集

スペシャルMC編集

滝川の産休入りに伴い、2020年に入ってからは週替わりの芸能人(男女ペアが多い)が司会を担当していた。

ネット局と放送時間編集

『教えてもらう前と後』ネット局
放送対象地域 放送局名(略称) 放送系列 放送時間 ネット状況
近畿広域圏 毎日放送(MBS) TBS系列 火曜 20:00 - 20:54

月曜 22:00 - 22:57
制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
関東広域圏 TBSテレビ(TBS)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送(RSK)[15]
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(itv)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

スタッフ編集

レギュラー版(2021年4月5日以降)編集

  • 監修:千葉隆弥(以前は総合演出)
  • ナレーター:大塚芳忠内田真礼【毎週】、奥田民義【週替り】
  • 構成:そーたにたむらようこ、高野健生、羽田正樹【毎週】、村上洋賢、新垣瀬梨菜【週替り】
  • リサーチ:齋藤寛道、山本晃史、佐藤直也
  • TM:竹本友亮(MBS)
  • TP:山下悠介
  • TD/SW:喜多良平(MBS、以前はSW)
  • CAM:新美高志
  • VE:武田和浩
  • AUD:松本良道
  • LD:長谷川英樹
  • 美術プロデューサー:吉田敬
  • 美術進行:三上貴子(以前は美術製作)
  • 大道具:桜井和則(以前は大道具操作)
  • TK:後藤有紀
  • FD:川名良和(ロジックエンターテインメント)
  • ヘアメイク:春山輝江
  • CG:TheKingMaker
  • 音響効果:篠原光、東由美
  • 編集:橋本淳一郎、田代陸
  • MA:村上敏之
  • 技術協力:ニューテレス、プログレッソ、ヌーベルアージュ佳夢音【毎週】、ティ・ピー・ブレーン、イメージランド、MABU、だだだ、パワービジョン、BullBull、J-crew【週替り】/桝井論平事務所、TIMELY、ITB、テイクランド、3rdEyeVision、テックサービス、東京オフラインセンター、ジェイ・クルー、ユニテック、札幌映像プロダクション、函館ロケット、大沼プランニング、グレートインターナショナル(以前は美術協力)、コシマプロダクション、ジーピーエー福岡、プレゼンス・クルー、ZOU、スカイオーイング
  • 美術協力:フジアールネクステージ【毎週】、ヤマモリテルミック、マルチバックス【週替り】
  • 宣伝:竹山亜紀(MBS)
  • 番組アドバイザー:登坂琢磨・内藤史(MBS)
  • 編成:山田陽輔(MBS、以前はプロデューサー→一時離脱→復帰)
  • AD:吉澤奨悟、工藤快生、吉田京平、佐野勇樹、松本誠、塩田匠、堀川美由希、山条智也、横田優里奈、林夏輝、中嶋美咲、西濱輝晃、野々山一路
  • AP:藤原真美(ダイナマイトレボリューションカンパニー、一時離脱→復帰)、岡崎佑美、山ノ内禎枝、飯島崇男
  • ディレクター:岸憲人・布施美那(ダイナマイトレボリューションカンパニー)、柳橋祥太、久佐賀浩之、新居稚也、吉田萌海(ばんぺいゆ)、轟千恵子、長谷川大樹、杉浦智、川崎貴博・浜一希(NON PRO)、松尾多喜二、東頌三
  • 演出:佐藤智洋(MBS、以前はディレクター)、樽見近工(ダイナマイトレボリューションカンパニー)、加地克也(トスプランニング)、藤田恭輔、赤平卓(frame inf.)
  • 総合演出:前田朗光(以前は演出)
  • プロデューサー:深迫康之(MBS、2019年7月23日-)、齋藤智礼(ダイナマイトレボリューションカンパニー)、黒木明紀(NON PRO)、安藤貴史(トスプランニング)、吉筋公美
  • チーフプロデューサー:林智也(MBS)
  • 制作協力:ダイナマイトレボリューションカンパニーNON PRO、カスタム、トスプランニング
  • 制作著作:MBS

過去のスタッフ(レギュラー版)編集

  • ナレーター:槇大輔渡辺久美子
  • 構成:蓮勺朝子、横幕智裕、利光宏治、大木和美、古賀文恵
  • TM:藤野毅(MBS)
  • TP:深谷高史
  • TD/SW:高石和隆(MBS)
  • C/CAM:伊郷憲二
  • AUD:森田篤、大村匡充
  • LD:根建勝広
  • 撮影:堀内昭彦、岸克二、松尾俊一郎、竹内浩司、為谷純、武田和仁
  • 音声:羽生真、橋本明大、磯西信広、宮田伸行
  • デザイン:竹中健、寺本夏実
  • 大道具制作:岩崎隆史
  • アクリル装飾:下平唯治、國母淳一
  • 特殊装置:杉浦遼、釜田慶一、桑島亮太
  • 装飾:藤生由紀
  • モニター:大高貢、野上晃如
  • ヘアメイク:門間導子、谷口あゆみ、野田智子(一時離脱→復帰)
  • 音響効果:明田悠衣
  • 編集:宮島洋介、平池優太、須川浩之
  • MA:直江泰輔
  • スカイプ中継:久城雅文(第1回)
  • 技術協力:ブレスマンズ、イングス
  • 美術協力:チトセアート
  • コーディネート:Medixkorea、フライメディア、シー・ピー・インターナショナル、NTV
  • 番組アドバイザー:鶴本康彦(MBS)
  • 編成:木米英治・藤岡恒徳・近藤千笑子(共にMBS)
  • AD:大矢かづみ、小林航介、佐藤公昭、友利秀之、佐藤恵美、水野彰洋、藤江達也、原奈緒美、坂本ゆうみ、樋口諒、鷹野弥彦、佐藤公昭、鈴木健世、長島巧季、大城多香子、齋藤早希、三浦敦子、濵英之、大倉康平、下舞由理香、加納佳樹、齋藤早希、新垣勇一郎、樋口メモリ、小川兼生、川村美菜、岡本将明、大崎武雄、伊藤さやか、小寺英里子、内藤梨乃、高野圭太、池永峻、大崎武雄、中島初実、手塚沙央理、蓮菜亮、柳田久瑠実、森脇喜大、佐藤歩実、西上達登、井上昴、柳瀬早希、村上稜、遠藤紗良、大倉康平、栗林楓太、高倉大真、上山裕樹、内田美有紀
  • AP:大藤望、渡辺圭介、伊達和輝、佐藤恵里、荒井かおり、菊池吉太郎、橋本早世、真鍋香里、松本純子、唐澤泉恵、島田典子、伊藤鮎佳、佐藤恵理
  • ディレクター:井筒栄志、柴田徹郎、曽我和隆、田中慎一、ソネタマエ、安納隆仁、福田誠也、安藤空、勝沢直樹、寺尾康佑、木下大輔、横林良太、小林稔、君島和彦、藤原明生、マタノノブユキ、山口貴由、山口徳郎、陰山竜彦、宮崎洋平、岡部剛、阿部裕一郎、佐古俊介、岩橋正憲、渡辺大介、東海林明、奥山雄太郎、鈴木章浩、萩原謙治、有馬巨人、守屋茂員(守屋→M-SPOT、以前は演出)、清田知宏、森脇美樹、後藤啓一、田中晋平、シラタコージ、中野聡、亀山悟、日向建太(日向→BUZZ FACTORY)、平野良(平野→以前はAD)、山本和子、松原綾子、石原寛基(石原→以前はAD)、浜田吉織、小高浩志、鈴木裕也、池田修大、田中雄大(テレバイダー)、神戸謙太郎、石川由佳、岡部創、日比野大輔、田中義巳、木坂優介、河合潤、トリタニダイチ、江村英紀
  • 演出:海徳俊治、廣田政治、藤本(ふじもと)創、中山翔太(中山→MBS)、松木大輔、河合優(ブレインコミュニケーションズ)、安川克浩(NON PRO)
  • プロデューサー:辻井靖司・池﨑光恭(共にMBS、池崎→2018年7月24日-2019年6月)、土井奈緒美、渡邊崇士、久田誠司、松原裕、梅本満(ブレインコミュニケーションズ)
  • 制作協力:つくりて、ブレインコミュニケーションズ、テレバイダー

パイロット版編集

  • ナレーター:槇大輔
  • 構成:そーたに、興津豪乃、高野健生(高野→第2回)、村上洋賢
  • リサーチ:喜多あおい、佐藤直也
  • TP/CAM:高木久之(MBS)
  • TM:竹本友亮(MBS)
  • TD/SW:高石和隆(MBS)
  • C/CAM:伊郷憲二
  • AUD:室谷太輝(第2回)
  • LD:平井治雄(第2回)
  • 美術プロデューサー:吉田敬
  • デザイン:寺本夏実
  • 美術制作:三上貴子
  • 大道具制作:岩崎隆史
  • 大道具操作:桜井和則
  • アクリル装飾:石橋誉礼、松浦由佳
  • モニター:大高貢
  • 電飾:青木紀和、富谷聡
  • TK:後藤有紀
  • ヘアメイク:春山輝江
  • 音響効果:上口昭雄
  • 編集:宮島洋介、平池優太
  • MA:志村武浩(第2回)
  • コーディネート:NTV international、Maaike van Soest
  • 技術協力:ヌーベルアージュ、ニューテレス、SPOTよしもとブロードエンタテインメント放送映画製作所、プログレッソ(よしもと→第2回、その他→第1回)
  • 美術協力:フジアール、チトセアート、ネクステージ、ヤマモリ、テレフィット、テルミック、マルチバックス
  • 宣伝:諸冨洋史(MBS)
  • 編成(第2回):深迫康之(MBS)
  • AD:佐藤智洋(MBS)、吉田京平(ダイナマイトレボリューションカンパニー)、長妻凜(吉田・長妻→第2回)
  • AP(第2回):荒井かおり(ダイナマイトレボリューションカンパニー)、椿恵介、藤原真美
  • ディレクター:松原裕、新田亮介(新田→MBS)、河合優、井筒栄志(井筒→遊冒)、布施美那(ダイナマイトレボリューションカンパニー)(新田以降→第2回)
  • 総合演出:林智也(MBS)
  • プロデューサー:水野雅之(MBS)、齋藤智礼(第2回、ダイナマイトレボリューションカンパニー)
  • 制作協力(第2回):ダイナマイトレボリューションカンパニー
  • 制作著作:MBS

過去のスタッフ(第1回)編集

  • 構成:松本一郎
  • AUD:仲井真盛之
  • LD:香川和代
  • 装飾:牛沢直樹
  • MA:高山元
  • タイトルデザイン:福澤伸太郎
  • タイトルCG:digidelic
  • コーディネート:BACK BONE、Medix korea
  • 技術協力:ティ・ピー・ブレーン、プレスマンズ
  • プロデューサー:佐藤洋介

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2016年12月20日(火)よる7:00から池上彰が選んだ2016年 決定的瞬間!〜教えてもらう前と後〜 TBS公式ホームページ
  2. ^ 2017年2月4日(土)ごご2:00から・教えてもらう前と後 TBS公式ホームページ
  3. ^ 教えてもらう前と後 加藤清史郎がコペル役を熱演! 200 万部超の大ベストセラー映像化”. 毎日新聞 (2018年4月27日). 2018年5月1日閲覧。
  4. ^ 2018年5月1日放送の3時間SPでの池上彰の発言。
  5. ^ 株式会社和える「4月23日20:00~ 全国放送TBS系列『教えてもらう前と後』にて、代表矢島が"器のプロフェッショナル"として出演いたします!(レモンスタジオの入口が写真に写っている)” (2019年4月18日). 2019年9月6日閲覧。
  6. ^ 当初の予定では本番組を通常通り放送し、その後の20:54から当該特番を放送する予定であったが、前週6月18日に山形県沖地震の影響で中途打ち切りとなった『わたし、定時で帰ります。』最終回の振替放送枠を確保するため、この形となった。
  7. ^ "サンドウィッチマン ゴールデン制覇王手! TBS深夜「バナナサンド」4月"引っ越し"". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 27 January 2021. 2021年1月27日閲覧
  8. ^ "TBS『冒険少年』4月から引っ越し "月9"に音楽番組『CDTVライブ!ライブ!』". ORICON NEWS. oricon ME. 16 February 2021. 2021年2月16日閲覧
  9. ^ 開始当初はNETテレビ(現・テレビ朝日)と交互制作。1963年12月以降はNETテレビ→テレビ朝日単独制作に移行。
  10. ^ 同局における月曜夜10時の中高年層向けの番組は2016年12月までの月曜名作劇場以来5年ぶりである。
  11. ^ それ以前から出演している。
  12. ^ 同日放送開始のドラマ『恋はつづくよどこまでも』とのタイアップ。
  13. ^ 2月14日公開の映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』とのタイアップ。
  14. ^ 2月21日公開の映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』とのタイアップ。
  15. ^ 2019年3月26日(2018年度最終放送日)までは、認定放送持株会社(RSKホールディングス)移行並びに放送事業(RSK山陽放送)分社化前のため、社名は山陽放送。

外部リンク編集

TBS系列 火曜20:00 - 20:54枠
前番組 番組名 次番組
教えてもらう前と後
【ここまで毎日放送制作】
バナナサンド
【水曜『テッペン!』枠から移動、ここからTBS制作】
TBS系列 月曜22:00 - 22:57枠
CDTVライブ!ライブ!
【1時間繰り上げて継続、ここまでTBS制作】
教えてもらう前と後
【ここから毎日放送制作】
-----