メインメニューを開く

朴 時憲(パク・シホン、英語: Park Si-Hun朝鮮語: 박시헌 1965年12月16日 - )は、韓国慶尚南道咸安郡出身の元ボクシング選手。

朴時憲 Boxing pictogram.svg
個人情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生誕 (1965-12-16) 1965年12月16日(53歳)
スポーツ
競技

男子 ボクシング

階級 ライトミドル級
パク・シホン
各種表記
ハングル 박시헌
漢字 朴時憲
発音: パクシホン
ローマ字 Park Si-Hun
テンプレートを表示

1988年ソウルオリンピックボクシング競技ライトミドル級)で金メダルを獲得した。

目次

アマチュアでの実績編集

朴は1985年ワールドカップで金メダルを獲得したが、国際大会における初めての優勝であった。1985年のヨーロッパチャンピオン、マイケル・ティム東ドイツ)と1984年アメリカチャンピオンケビン・ブライアントを破っている。

1988年のソウルオリンピックでは、金メダルを獲得する。しかし、不可解な判定と韓国が審判を買収していた事実によって後に大きな問題となった(ソウルオリンピック#ボクシング問題を参照)。

準々決勝・ビンチェンツオ・ナルディエッロイタリア)戦では、ナルディエッロは最初の2ラウンドは簡単に勝利したが、3ラウンド目で「大量にウェイトを置いた配点」により朴が勝利を収める結果となった。ナルディエッロは判定に対してその場で猛然と抗議し、リングから引きずり出さねばならない有様だった[1][2]

決勝では当時世界最強と謳われたアメリカのロイ・ジョーンズ・ジュニアと対戦した。朴は2度ダウンを奪われ、有効打も86-32と圧倒された[3]にも関わらず、3-2の判定で勝利し、金メダルを獲得した。のちに韓国が審判を買収していたことが発覚した。ジョーンズは後に朴自身から謝罪を受けたと証言している[3]。5人の審判のうち、モロッコウガンダウルグアイの3人の審判は韓国選手有利の判定を行ったが、モロッコの審判はこの時の判定についてアメリカ選手が勝つのは確実と思ったため自分が韓国選手に有利な判定をしても4-1でアメリカ選手が勝つだろうと思い開催国に配慮した判定をしたと語った[4]。なお、この時の審判5人はつたない判定を理由にその後2年間の資格停止処分を受け[4]、韓国寄りの判定を行ったウガンダ、ウルグアイの審判は最終的にボクシング界から永久追放処分となった[3]。この対戦のみならず、同時に行われたライトフライ級決勝のマイケル・カルバハル - イヴァイロ・マリノフ戦においても不可解な判定によりカルバハルが敗退したため、国際オリンピック委員会はオリンピックボクシング競技において、新たな採点システムを導入した[3]

引退後編集

1988年のソウルオリンピック以降、朴はプロ転向することなく現役を引退した。慶南大學校で体育学士を修めた後、昌原市鎮海区の高校の体育教師となった。2001年には韓国のアマチュアボクシングのナショナルチームにおけるアシスタントコーチとして招聘された。

2008年には、AIBAユースワールドカップの韓国代表のコーチになった。現在はボクシング韓国代表の補欠チームのコーチをしている。

試合結果編集

1985年・AIBAワールドカップ
Event Round Result Opponent Score
ライトミドル級 準々決勝 勝利   フレディ・サンチェス 2RKO
準決勝 勝利   マイケル・ティム 5-0
決勝 勝利   ケビン・ブライアント 4-1
1988年ソウルオリンピック
Event Round Result Opponent Score
ライトミドル級 1回戦 不戦勝
2回戦 勝利   アブドゥル・ラマダン 2RKO
3回戦 勝利   トールステン・シュミッツ 5-0
準々決勝 勝利   ビンチェンツオ・ナルディエッロ 3-2
準決勝 勝利   レイ・ドゥーニー 5-0
決勝 勝利   ロイ・ジョーンズ・ジュニア 3-2

脚注編集

  1. ^ John Ashdown (2012年2月15日). “50 stunning Olympic moments No14: Roy Jones Jr cheated out of gold”. ガーディアン. 2014年1月30日閲覧。
  2. ^ Wallechinsky, David; Jaime Loucky (2008). The Complete Book of the Olympics: 2008 Edition. Aurum Press. pp. 466–467. ISBN 978-1-845133306. 
  3. ^ a b c d ニューヨーク・タイムズ・1997年9月26日の記事(英語)
  4. ^ a b SPORTS OF THE TIMES; Roy Jones Jr. Still Fighting For the Gold”. ニューヨーク・タイムズ (1989年3月22日). 2014年1月29日閲覧。