メインメニューを開く

朽木 稙綱(くつき たねつな)は、江戸時代前期の大名近江国朽木藩主、下野国鹿沼藩主、常陸国土浦藩初代藩主。福知山藩朽木氏初代。

 
朽木稙綱
Kutsuki Tanetsuna.jpg
朽木稙綱像(福知山城蔵)
時代 江戸時代
生誕 慶長10年(1605年
死没 万治3年12月13日1660年1月13日
官位 従五位下民部少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
近江朽木藩主→下野鹿沼藩主→常陸土浦藩
氏族 朽木氏
父母 父:朽木元綱
兄弟 宣綱友綱稙綱堀直政
正室:稲葉正成
継室:長寿院(安藤重長養女、志水忠宗娘)
稙昌(長男)、則綱(次男)、三浦安次正室、内藤政親正室、木下俊長正室

朽木元綱の三男。元和4年(1618年)9月11日、3代将軍徳川家光に仕え始める。元和9年(1623年)に民部少輔に叙任された。寛永8年(1631年)5月21日には小姓組番頭に任命され、同10年(1633年)7月24日には書院番頭となった。寛永12年(1635年)11月20日、再び小姓組番頭となり、若年寄を兼任した。

元綱の死後、領地の一部を分知されていたが、寛永13年(1636年)に加増を受けて1万石の大名となり、近江朽木藩(兄の宗家とは別)を創設した。

その後、寛永16年(1639年)9月4日に1万石の加増を受け、正保4年12月14日(1648年1月8日)に更に5千石の加増を受けて下野鹿沼藩主となる。慶安2年(1649年)2月19日に若年寄を免ぜられ、3万石をもって常陸土浦藩に転封した。承応元年(1652年)11月1日、奏者番に任ぜられた。

万治3年(1660年)、死去。長男・稙昌が跡を継いだ。