メインメニューを開く
朽木綱貞

朽木 綱貞(くつき つなさだ、明治8年(1875年12月2日 - 昭和4年(1929年9月6日)は、明治から大正時代の陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍少将貴族院議員子爵工学博士福知山藩13代(最後)の藩主朽木為綱の子。妻は徳川篤守の娘芳子。陸軍の火薬研究の権威であった。

経歴編集

明治16年(1883年)に父の為綱が没したため家督を継ぎ、明治17年(1884年)7月8日、子爵に叙爵する[1]慶應義塾幼稚舎を経て、明治29年(1896年)5月27日、陸軍士官学校(7期)を卒業。明治30年(1897年)1月、砲兵少尉任官。陸軍砲工学校高等科で学び、さらに陸軍派遣学生として東京帝国大学工科大学応用化学科を明治37年(1904年)6月に卒業。

東京湾要塞砲兵連隊中隊長、陸軍兵器本廠検査官、砲工学校教官などを務める。大正3年(1914年)8月、火薬研究所長に就任。大正5年(1916年)11月、砲兵大佐に昇進。陸軍科学研究所第二課長、陸軍造兵廠火工廠長などを歴任。大正10年(1921年)3月、陸軍少将となり、大正13年(1924年)2月、予備役に編入された。その他、東京帝国大学工学部講師、陸軍技術会議員などを務めた。

昭和3年(1928年)10月、貴族院子爵議員に選出され研究会に属した。昭和4年(1929年)、55歳で没す。

家督は養子の朽木綱博(旧鳥取藩主家で侯爵池田仲博の子)が相続した。実子の娘・美知子は、綱博の実兄で池田家の後継当主であった池田徳真に嫁いだ。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『官報』第3737号「叙任及辞令」1895年12月11日。
  3. ^ 『官報』第7046号「叙任及辞令」1906年12月22日。
  4. ^ 『官報』第427号「叙任及辞令」1913年12月29日。

参考文献編集

  • 慶應義塾五十年史
  • 日本人名大辞典(講談社刊)
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
福知山朽木家初代
1884年 - 1929年
次代:
朽木綱博