メインメニューを開く

杉勇(すぎ いさむ、1904年8月1日- 1989年11月25日)は、日本の歴史学者、専攻は古代オリエント史。

来歴編集

大阪生まれ。1927年[1]東京帝国大学文学部西洋史学科卒業。東京教育大学助教授、教授、1968年定年退官、名誉教授、明治大学教授、跡見学園女子大学教授。没後正四位受勲。杉亨二の孫。[2]

著書編集

共編著編集

  • 『世界歴史大系 第14 西洋古代史 第1』石橋智信大畠清共著 平凡社、1936 
  • 『図説世界文化史大系 第3 オリエント 第1』角川書店、1960
  • 『世界の文化史蹟 第1巻 ナイルの王墓』講談社、1967
  • 『世界の文化史蹟 第2巻 オリエントの廃墟』三笠宮崇仁共編 講談社、1968
  • 『大系世界の美術 3 エジプト美術』学習研究社、1972
  • 『エジプトの秘宝 1 古王国・中王国』講談社、1981

翻訳編集

  • M.マチエ『エジプトの少年』福井研介共訳岩波少年文庫、1955、復刊1992
  • ベルンハルト・ノイッチュ『ギリシア芸術とスポーツ』養徳社、1965
  • S.モスカーティ『古代オリエント史』鈴木一州訳 校閲 講談社、1967
  • M.E.L.マロワン『メソポタミアとイラン』(世界古代史双書)創元社、1970
  • 『古代オリエント集 (筑摩世界文学大系 1) 』筑摩書房、1978。編者代表
シュメール 五味亨共訳、アラム 杉訳、エジプト 屋形禎亮共訳
  • ロナルド・ハーカー『聖書考古学序説 『旧約聖書』の地を掘る』学生社、1979
  • 『シュメール神話集成』尾崎亨共訳、ちくま学芸文庫、2015
  • 『エジプト神話集成』屋形禎亮共訳、ちくま学芸文庫、2016

参考編集

  • [1]-講談社HPでの紹介

脚注編集

  1. ^ 『官報』1927年5月2日
  2. ^ 日本人名大辞典