メインメニューを開く

杉山 悦子(すぎやま えつこ)は、日本の法学者。専門は民事訴訟法一橋大学大学院法学研究科教授。日本仲裁・ADR法学会理事。

人物・経歴編集

1999年東京大学法学部卒業。大学在学中に旧司法試験に合格。2007年イェール大学イェール・ロー・スクール修士課程修了LL.M.修士(法学))。ニューヨーク州弁護士資格を取得[1][2]

1999年東京大学大学院法学政治学研究科助手。2002年一橋大学大学院法学研究科助手。2004年同専任講師コロンビア大学コロンビア・ロー・スクール客員研究員、一橋大学大学院法学研究科准教授を経て、2017年から一橋大学大学院法学研究科教授[2][3]。知的財産訴訟外国法制研究会研究員[4]等も務める。

著書編集

脚注編集

  1. ^ 「杉山悦子ゼミ」一橋大学商学部挽文子ゼミナールHP
  2. ^ a b 「杉山 悦子(スギヤマ エツコ)」一橋大学
  3. ^ 「著者略歴」『民事訴訟法 重要問題とその解法』
  4. ^ 「知的財産訴訟検討会(第8回) 議事録」司法制度改革推進本部事務局