メインメニューを開く

杉山 茂樹(すぎやま しげき、1959年7月8日 - )は静岡県御殿場市出身、東京都渋谷区在住[1]のスポーツライター。

杉山 茂樹
生誕 (1959-07-08) 1959年7月8日(59歳)
日本の旗 日本静岡県御殿場市
国籍 日本の旗 日本
職業 スポーツライター
公式サイト 杉山茂樹のBLOGマガジン

大学卒業後フリーライターとして執筆活動を始める。主にサッカーについての著書があるほか、水泳やスキージャンプも取材する。血液型AB型。主にフォーメーションの数字を羅列したシステム中心の記事を書くことが多い。

なお、南アフリカワールドカップにおける岡田体制、また、ロシアワールドカップにおける西野体制を痛烈に大会前に批判、グループリーグ突破は不可と予測。 しかし、結果は全く反対となり、自身はサッカー経験がないことも含めて、その解説の妥当性には批判の声が大きい。

最近は、webスポルティーバにおいて記事を書いており、度々ヤフーニュースに掲載。 ところが、その内容については元プロの解説者と異なり、内容的に説得力が低いことで批判的な声が多く、また、掲載を続けるwebスポルティーバに対してもサッカーファンを中心に信頼できないメディアという烙印を押すにいたってしまっている。

目次

来歴編集

スポーツライターになったきっかけは、大学時代に広告代理店でアルバイトしており、そこで出入りしていたサッカー専門誌を扱う出版社からそこでのアルバイトを誘われたことである。好きなサッカーを種に仕事をすることを幸せに感じたと同時に、ファンの人たちに、自分なりの視点でサッカーを伝えられることに喜びを感じたという[2]

日本サッカーの補欠問題を課題にあげる。『4-2-3-1』(光文社新書)などで「4-2-3-1」などの数字を中心としたシステム分析を行う。公式ブログで、学生時代にサッカーと[3][4]フットサル等の経験があると主張しているが、目立った実績はなく、趣味の範囲というのが解釈となっている[4]。「サッカー観戦のプロ」と称し[5]、関連する書籍も著している[6]

人物編集

南アフリカW杯まで指揮を執った岡田武史日本代表監督としての手腕に一貫して批判的であった。2009年に著した『日本サッカー偏差値52』では「サッカー偏差値」なる自論を提唱して「偏差値50前後なら十分チャンスがあるが、世界の強豪は全て偏差値60以上で固まっている。偏差値52の日本がW杯でベスト4を狙うなどと軽々しく言えるはずがない。今すぐ家庭教師をつけて必死に勉強しないと大変ですよ。」と主張した[7]

南アフリカW杯開幕前、「ライターとしての真価が問われている」[8]として日本代表の本大会でのグループステージ3戦全敗もあり得ると予想し[9]、ブログでベスト16に入った場合は自身の見る目のなさを認め、お詫びのコラムを書くと述べた[10]。日本代表が第1戦のカメルーン戦に勝利した後も、残りの2試合で勝ち点1を奪う可能性さえ40%以下と予想していたが[11]、日本代表は第3戦のデンマーク戦に勝利してグループステージを突破した[12]。しかし、杉山は謝罪記事を書くことなく、グループリーグ突破以降もパラグアイ戦で消極的な戦いをしたとして岡田監督に批判的な記事を書いた[13]。その後、著書『日本サッカー現場検証』[14]の前書きでようやく岡田に対する謝罪を行った。南アフリカW杯における自身の執筆スタンスについて、現地の空気感を伝えることで日本国内でのアゲアゲ報道とのバランスを取っているのだと説明した[15]

なお、南アフリカW杯決勝のオランダスペインの試合を3-1でオランダの勝利と予想したが[16]、結果は1-0でスペインの勝利であった[17]

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 巨人になれないFC東京、Soccer Journal、2010年9月30日配信。
  2. ^ grazie 7月号:メディアの力 杉山茂樹(スポーツライター)
  3. ^ 杉山茂樹 (2009年7月16日). “暑さを味方につけてきた日本”. 2010年6月26日閲覧。
  4. ^ a b 杉山茂樹 (2009年9月1日). “補欠は禁止!”. 2010年6月26日閲覧。
  5. ^ 一応、僕は「サッカー観戦のプロ」を自負している。本人ブログ
  6. ^ 『サッカー「見るプロ」になれる!50問50答』、三笠書房、2010年4月28日発売 ISBN 978-4837965480
  7. ^ 「PREMIER BOOK4 著者直撃 杉山茂樹サン」『Sportiva2009 JUN.6 No.62』、集英社、2009年4月25日発売、86p
  8. ^ 杉山茂樹コラム 勝負しないメディアの責任、Soccer Journal、2010年4月9日配信。
  9. ^ 杉山茂樹 (2010年6月11日). “W杯日本代表は正々堂々と全敗せよ”. Voice. 2012年7月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月20日閲覧。
  10. ^ 杉山茂樹コラム 最終メンバーで思ったこと、Soccer Journal、2010年5月14日配信。
  11. ^ 杉山茂樹コラム 考えうる最高の戦いをした、Soccer Journal、2010年6月15日配信。
  12. ^ 杉山茂樹コラム 過去最高のエンターテインメント、Soccer Journal、2010年6月27日配信。
  13. ^ 日本代表、南アフリカでの収穫と置き去りにされた問題、Sportiva、2010年7月1日配信。
  14. ^ 『日本サッカー現場検証 あの0トップを読み解く』、実業之日本社、2010年10月8日発売、ISBN 978-4408452999
  15. ^ 日本の南アW杯報道は妙な「バラ色」。「ネズミ色」の現地情報も大事では?、Number Web、2010年7月21日配信。
  16. ^ 杉山茂樹コラム 決勝を前に。、Soccer Journal、2010年7月12日配信。
  17. ^ 杉山茂樹コラム ワイドショウと報道の境界線、Soccer Journal、2010年7月23日配信。

外部リンク編集