メインメニューを開く

サッカーパラグアイ代表

サッカーパラグアイ代表西: Selección nacional de fútbol de Paraguay)は、パラグアイサッカー協会(APF)により構成されるパラグアイサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都アスンシオンにあるエスタディオ・ディフェンソーレス・デル・チャコ

サッカーパラグアイ代表
国または地域 パラグアイの旗 パラグアイ
協会 パラグアイサッカー協会
愛称 Los Guaraníes (先住民グアラニー族に由来)
La Albirroja (「白と赤」の意)
監督 未定
最多出場選手 パウロ・ダ・シルバ(112試合)
最多得点選手 ロケ・サンタ・クルス(26得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1919年5月11日アルゼンチン
1-5
最大差勝利試合 1949年4月30日ボリビア
7-0
2010年11月17日香港
7-0
最大差敗戦試合 1926年10月20日アルゼンチン
0-8
FIFAワールドカップ
出場回数 8回(初出場は1930
最高成績 ベスト8(2010
コパ・アメリカ
出場回数 33回
最高成績 優勝(1953、1979)

目次

概要編集

FIFAワールドカップには1930年第1回大会から参加しており、一時期本大会に出場できない時期も続いたが、最近の大会では1998年フランス大会2002年日韓大会といずれもベスト16の成績をおさめ、2010年南アフリカ大会では守りを強化して決勝トーナメント1回戦で日本PK戦の末、勝利して初のベスト8入りを果たす。このように、近年はブラジル、アルゼンチン、ウルグアイの南米3大勢力に続く実力国としての地位をキープしてきたが、2014年のブラジル大会では南米予選最下位で予選敗退したほか、2018年のロシア大会南米予選でも、第17節時点では7位に付け、同時刻キックオフで行われた最終節のベネズエラ戦で勝利すれば、他のカードの結果次第で本大会出場もしくは大陸間プレーオフへ出場出来たが、パラグアイは最終的にベネズエラに敗れて敗退した[1]。PK戦に強いチームでもあり、南アフリカ大会で日本にPK戦で勝利して以来、コパ・アメリカ2011ブラジル、ベネズエラにもPK戦で勝利している。[2]

有名な選手にロケ・サンタ・クルスカルロス・ガマーラホセ・ルイス・チラベルトフスト・ビジャールルーカス・バリオスなどがいる。

成績編集

FIFAワールドカップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1930 グループリーグ敗退 2 1 0 1 1 3
  1934 不参加
  1938
  1950 グループリーグ敗退 2 0 1 1 2 4
  1954 予選敗退
  1958 グループリーグ敗退 3 1 1 1 9 12
  1962 予選敗退
  1966
  1970
  1974
  1978
  1982
  1986 ベスト16 4 1 2 1 4 6
  1990 予選敗退
  1994
  1998 ベスト16 4 1 2 1 3 2
    2002 ベスト16 4 1 1 2 6 7
  2006 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 2
  2010 ベスト8 5 1 3 1 3 2
  2014 予選敗退
  2018
合計 8/20 27 7 10 10 30 38

コパ・アメリカ編集

  • 2016 - グループリーグ敗退

歴代監督編集

選手編集

2017年10月10日時点
太字は現役代表選手

脚注編集

  1. ^ アルゼンチンが逆転突破、ウルグアイらも本戦へ…チリは敗退/W杯南米予選サッカーキング 2017年10月11日
  2. ^ グループリーグ3試合3戦3分、準々決勝、準決勝ともにPK戦勝ち、決勝戦で敗れ1勝もせずに準優勝を果たす。

外部リンク編集