メインメニューを開く

杉本 大成(すぎもと だいせい、1968年9月1日 - )は、プロ野球審判員。審判員袖番号は13。(2010年までは9。)

目次

来歴

大阪市立生野工業高等学校大阪経済法科大学阪神大学野球連盟審判を経て1997年パシフィック・リーグ審判部に入局。審判員袖番号は13(2010年までは9)。

2018年終了時点での試合出場数は865試合。オールスターゲーム出場2回(2008年、2012年。うち2008年第2戦と2012年第1戦で球審)。同期の柳田浩一飯塚富司白井一行と比べ、極端に出場試合数が少ない(柳田1811試合、飯塚1114試合、白井1141試合)。前述の通り出場試合が少ないが、年々増えている。

2011年にクライマックスシリーズ初出場を果たした。

人物

2010年9月19日、福岡ソフトバンクホークス埼玉西武ライオンズ戦に球審として出場した杉本は、7回裏に西武小野寺力が投じたソフトバンク小久保裕紀への頭部への死球を危険球とし退場を命じた。しかしこのボールはすっぽ抜けであり直球には見えなかったため西武監督の渡辺久信が猛抗議するも判定は通り危険球による退場となり、併せて両チームに警告が命じられた[1]

なお、この判定の前にも小久保の際どいホームラン性の打球のビデオ判定を巡りもめていた(詳細は良川昌美の項を参照)。

2012年8月5日、横浜DeNAベイスターズ読売ジャイアンツ戦で一塁塁審の杉本は5回表、先頭古城茂幸の遊撃へのゴロも一塁が微妙なタイミングでセーフ[2]、その後長野久義の二ゴロを内村賢介が捕球し握り直して一塁に送球しこれもセーフに[2]。立て続けの不可解な判定にDeNAの監督中畑清が杉本に抗議、中畑は「“私の目を信じてください”と言われたけど、信じられないから(抗議に)来てるんだ!」[2]、GMの高田繁は「ジャッジはどうしようもない。下手なんだから、しようがない」[2]、投手コーチの友利結は「1イニングに2つもミスジャッジがあったら勝てない」と発言した[3]

2018年10月10日、甲子園球場で行われた阪神タイガースDeNAベイスターズ戦、一塁塁審として出場した杉本が下した判定が、リクエストにより三度覆る(三回表、四回裏、五回表)[4]

2018年10月21日、メットライフドームで行われたパ・リーグクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第5戦埼玉西武ライオンズ福岡ソフトバンクホークス戦、二塁塁審として出場した杉本は、1点差に迫った埼玉西武ライオンズが5回裏2死一塁で秋山が二盗した際にアウトの判定を下す。埼玉西武ライオンズ監督の辻発彦はリクエストを試み、10分を超える検証が行われたが、判定は覆らなかった[5]

審判出場記録

  • 初出場:1999年9月1日、近鉄オリックス24回戦(大阪ドーム)、三塁塁審。
  • 出場試合数:865試合
  • オールスター出場:2回(2008年、2012年)
  • 日本シリーズ出場:なし

(記録は2018年シーズン終了時)

脚注