飯塚 富司(いいづか とみじ、1962年9月1日 - )は、日本野球機構(NPB)に所属するプロ野球審判員であり、元プロ野球選手である。審判員袖番号は26

飯塚 富司
基本情報
出身地 栃木県安蘇郡田沼町(現 佐野市
生年月日 (1962-09-01) 1962年9月1日(58歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1983年 ドラフト3位
初出場 1984年9月25日
最終出場 1996年4月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴編集

栃木県立栃木工業高等学校から社会人野球の三菱重工横浜へ進み、補強選手として2年連続都市対抗野球に出場[1]1983年度プロ野球ドラフト会議にて阪急ブレーブスから3位指名を受けて入団。右投げ右打ちの外野手・一塁手で、新人年から一軍出場を果たし、プロ初出場した試合では初安打となる本塁打を打った。層の厚い阪急外野陣において一軍に定着出来ず主に代打として起用されたが、二軍(ウエスタン・リーグ)では1987年に首位打者、チーム名が「オリックス・ブレーブス」に変わった1989年には最多本塁打のタイトルを獲得している。

1994年11月、水尾嘉孝渡部高史堀江賢治との交換トレードで伊藤敦規と共に横浜ベイスターズに移籍。一軍出場は1995年からの2シーズンで計16試合に留まり、1996年シーズン限りで現役引退。

引退後すぐにパシフィック・リーグの審判員となる。審判員袖番号は26。2006年には初めてオールスターゲームに出場した。2009年は関西担当のベテラン審判が相次いで引退したため一軍に定着。2016年8月17日に史上125人目となる通算1000試合出場を達成した。[2]

判定を巡るトラブル編集

  • 2009年8月30日北海道日本ハムファイターズ福岡ソフトバンクホークス第20回戦(札幌ドーム)で球審を務めた飯塚は、6回裏(日本ハムの攻撃)、無死一、二塁の場面でバントをした打者走者の二岡智宏とソフトバンクの田上秀則捕手が接触したプレーを二岡の守備妨害と判定し、抗議した日本ハムの梨田昌孝監督を遅延行為で退場処分とした。この件に関して日本ハムは翌31日、当時の公認野球規則7.09(j)【原注】[3]に基づけば当該プレーは守備妨害には抵触せず、審判団は規則の適用を誤っているとして加藤良三コミッショナーへ提訴した[4][5]が、「規則の適用に誤りはなかった」として却下された。一方で審判部が講習会を開催したことも明らかにされた。[6]
  • 2018年6月29日東京ヤクルトスワローズ阪神タイガース第7回戦(明治神宮野球場)にて、七回裏(ヤクルトの攻撃)一死二塁で打者の三塁ゴロの際に三塁を狙った二塁走者の藤井亮太が、ボールを持った三塁手の北條史也を内側に避け走路から3フィート離れて三塁に達した。北條は藤井に駆け寄って及ばず転倒しその間に打者走者は一塁に生きた。北條は触球(タッグ)しようとしており藤井はアウト(→スリーフットライン)だと主張する阪神側に対して、この試合で三塁塁審を担当した飯塚は「明確なタッグ行為がなかった」[7]と説明した上で藤井をアウトにせず、審判団による協議を拒否した。しかし公式記録員がこのプレーで打者に安打を記録しなかった[8]こともあって、阪神は翌30日にNPBへ意見書を提出[9]した。これを受けたNPBは7月4日、阪神に対して「タグ行為(タッチ)はあった。ラインアウトを取った方が適切だった。他の審判員との協議もするべきだった」と回答するとともに、当該プレーにおける誤審を認めた[10]。なお一部には規則適用が誤っているという指摘もあったが、北條が転倒する前に腕を伸ばしていた否かが実際の争点である。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1984 阪急
オリックス
3 10 9 1 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .222 .300 .556 .856
1985 29 55 46 12 11 1 1 4 26 9 2 0 1 0 8 0 0 12 1 .239 .352 .565 .917
1986 44 64 50 7 9 3 0 1 15 7 0 0 2 2 8 0 2 9 1 .180 .306 .300 .606
1987 12 21 18 2 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 3 0 0 7 0 .111 .238 .278 .516
1988 22 74 65 8 14 4 0 1 21 6 1 1 0 0 7 1 2 20 2 .215 .311 .323 .634
1989 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
1990 14 24 22 2 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 2 0 0 6 1 .091 .167 .136 .303
1991 9 6 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1992 23 32 30 5 7 1 2 1 15 6 0 0 0 0 2 0 0 12 1 .233 .281 .500 .781
1993 57 122 105 12 25 5 0 5 45 18 2 0 1 2 14 0 0 40 1 .238 .322 .429 .751
1994 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1995 横浜 15 18 16 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .063 .167 .063 .230
1996 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:13年 233 431 372 50 73 15 3 14 136 49 5 1 4 4 47 1 4 117 8 .196 .290 .366 .656
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(1990年までオリックス・ブレーブス、1991年以降オリックス・ブルーウェーブ)に球団名を変更

記録編集

背番号編集

  • 2 (1984年 - 1987年)
  • 24 (1988年 - 1994年)
  • 9 (1995年 - 1996年)

審判員出場記録編集

(記録は2019年シーズン終了時)


脚注編集

  1. ^ '94スポニチプロ野球手帳
  2. ^ 飯塚富司審判員 1000試合出場達成のお知らせ”. NPBニュース(日本野球機構公式サイト) (2016年8月17日). 2020年5月6日閲覧。
  3. ^ 2020年現在の同規則6.01(a)(10)【原注】。「捕手が打球を処理しようとしているときに、捕手と一塁へ向かう打者走者とが接触した場合は、守備妨害も走塁妨害もなかったものとみなされて、何も宣告されない。(後略)」
  4. ^ 提訴試合に関する審議の請求について”. 北海道日本ハムファイターズ (2009年8月31日). 2020年5月6日閲覧。
  5. ^ “ハム「守備妨害」判定で提訴試合申し入れ”. 日刊スポーツ. (2009年9月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20090901-538137.html 2020年5月6日閲覧。 
  6. ^ “日本ハムの提訴試合却下、審判に誤りなし”. 日刊スポーツ. (2009年9月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20090925-547931.html 2020年5月6日閲覧。 
  7. ^ 公認野球規則5.09(b)「次の場合、走者はアウトになる。 (1)走者が、野手の触球を避けて、走者のベースパス(走路)から3フィート以上離れて走った場合。」従って、野手が触球行為をしていないのであれば、走者は走路から3フィート以上離れて走塁しても差し支えない。
  8. ^ 公認野球規則9.05(b)(4)および同【原注】により、三塁手の北条が触球行為をしたものの不成功に終わったのであれば安打を記録しないと主張しているが、走者に駆け寄っただけでも野手選択は成立する。
  9. ^ “阪神、判定不服でNPBに意見書提出”. デイリースポーツ. (2018年6月30日). https://www.daily.co.jp/tigers/2018/06/30/0011402773.shtml 2020年5月6日閲覧。 
  10. ^ “NPB「ラインアウトが適切」阪神側意見認める回答”. 日刊スポーツ. (2018年7月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807050000108.html 2020年9月14日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集