メインメニューを開く

李元祥(り げんしょう、生年不詳 - 680年)は、中国の高祖李淵の二十男。母は楊嬪。

631年、許王に封ぜられた。637年、江王に徙封され、蘇州刺史に任ぜられ、実封八百戸を受けた。649年、実封は千戸まで加増された。高宗のとき、金州鄜州鄭州の刺史を歴任した。性格は貪欲で、金宝を蒐集し、利殖に飽きることがなかった。ときに滕王李元嬰・蒋王李惲・虢王李鳳らはみな貪欲暴虐であって、王府の官にある者はかれらを嫌って行きたがらず、「儋州崖州振州白州に流されたとしても、江王・滕王・蒋王・虢王に仕えたくはない」と言っていた。元祥の体はたいへん大きく、腰帯は十人分の長さで、食事は数人分を平らげた。当時韓王李元嘉・虢王李鳳・魏王李泰もまた体が大きかったが、元祥には及ばなかった。また元祥は片眼がすがめであったと伝えられる。680年、世を去ると、司徒并州大都督の位を追贈され、献陵に陪葬された。を安といった。

子に李晫・李晈・李昕・李晧・李炅・李晃・李暹の7子がいた。李晫は永嘉王に封ぜられ、復州刺史となったが、禽獣の行いがあったとして、処刑された。李晈は武陽王に封ぜられた。李昕は任国公に封ぜられた。李晧は義興郡公に封ぜられた。李炅は広平郡公に封ぜられた。李晃は鉅鹿郡公に封ぜられた。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻64 列伝第14「江王元祥伝」
  • 新唐書』巻79 列伝第4「江王元祥伝」