李 元裕(り げんゆう、生年不詳 - 665年)は、中国の高祖李淵の十七男。母は崔嬪。

631年、鄶王に封じられた。637年、鄧王に改封され、実封800戸を受けた。鄧州梁州黄州刺史を歴任した。学問を好み、論理学をよく談じ、典籤の盧照鄰と親しい付き合いをした。649年、実封1200戸まで加増された。高宗のとき、寿州襄州刺史を経て、兗州都督となった。665年、世を去ると、司徒益州大都督の位を追贈され、献陵に陪葬された。を康といった。

子がなく、江王李元祥の子の広平公李炅が後を継いだ。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻64 列伝第14「鄧王元裕伝」
  • 新唐書』巻79 列伝第4「鄧王元裕伝」