李 遺(または李蔚、り えい[1]、生没年不詳)は、中国三国時代の人物。父は李恢

民間伝承編集

以下、民間伝承による。

荊州関羽が敗れると、関銀屏(関三小姐)は復讐を誓い、関索関樾関平の妻(趙雲の娘)らとともに成都まで落ち延びた。その後、諸葛亮は南征の際に建寧郡兪元県(現在の雲南省玉渓市澄江市)出身である李恢を起用し、諸葛亮自ら仲人となって関銀屏を李蔚に嫁がせた。

正史『三国志』・小説『三国志演義』には、民間伝承にあるような記述は一切ない。

史跡・旧跡編集

漢興亭侯李恢の子、李蔚(李遺)と漢寿亭侯関羽の娘(関銀屏、または関三小姐)の合葬墓が玉渓市に現存している。宣統2年(1910年)の墓碑には「漢忠臣興亭侯子李蔚、寿亭侯女関氏三姐之墓」と刻まれ、墓碑脇の墓聯には「墓近聖人宮、父女相睽祗數武」、「神游荊襄界、魂魄長恨於千秋」と刻まれている。

1989年に修復され、2001年に玉渓市の史跡に登録された。

脚注編集

  1. ^ 遺の古音は儀(yi、い)と蔚(wei、えい)。ここでは「蔚(wei、えい)」に倣う。

参考文献編集