メインメニューを開く
村上敬次郎

村上 敬次郎(むらかみ けいじろう、嘉永6年9月4日1853年10月6日) - 昭和4年(1929年2月15日)は、安芸国(現広島県)出身の官僚大日本帝国海軍軍人貴族院議員、男爵、勲一等旭日大綬章。

目次

経歴編集

1853年広島藩士堀尾笑石の二男として生まれ、のち広島藩家老東城浅野家の用人、村上邦裕の養子となる。広島藩学問所(現修道中学校・修道高等学校)にて洋学を学び、1866年藩命にて渡正元ら洋学生50名と江戸に遊学。このとき引率したのが山田十竹、­伴資健[1]。1871年海軍兵学寮の留学生として海軍伝習のためイギリスに留学。1874年に帰国し、広島英語学校教員となる。1876年海軍省入省、その後海軍少書記官、軍大臣秘書官、呉鎮守府監督部長、海軍省経理局長を務めた後、1897年主計総監となり、1909年予備役に編入。1904年の日露戦争では大本営海軍経理部長として従軍した。1907年日露戦争、海軍関連法律整備の功により男爵。1909年勅選により貴族院議員[2][3]となり、研究会に所属。1906年勲一等旭日大綬章受章。

栄典編集

親族編集

  • 村上隆吉 - 長男。農商務省特許局長官・水産局長。帝国水産会会長。
  • 村上鶴 - 妻。広島藩士田口牛之助の三女。参天製薬の創業者田口謙吉は二男であり、敬次郎とは義兄弟の間柄。
  • 村上雅代 - 長女。福田徳三の最初の妻。後に離婚。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 修道中学校・高等学校「修道開祖の恩人山田十竹先生物語」平成24年版33頁
  2. ^ 20世紀日本人名事典「村上敬次郎」
  3. ^ 修道中学校・高等学校「修道開祖の恩人山田十竹先生物語」平成24年版33頁・59頁
  4. ^ 『官報』第2974号「叙任及辞令」1893年5月31日。
  5. ^ 『官報』第7581号「叙任及辞令」1908年10月1日。

関連項目編集


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
村上(敬次郎)家初代
1907年 - 1926年
次代:
村上隆吉