メインメニューを開く

村山 拓哉(むらやま たくや、1989年8月8日 - )は、京都府出身のサッカー選手。ポジションミッドフィールダー

村山 拓哉 Football pictogram.svg
MurayamaT2.JPG
MKSポゴニ・シュチェチン所属時
名前
愛称 TAKU
カタカナ ムラヤマ タクヤ
ラテン文字 Takuya Murayama
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-08-08) 1989年8月8日(30歳)
出身地 京都府
身長 177cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション MF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012 ポーランドの旗 グバルディア・コシャリン 15 (5)
2013-2015 ポーランドの旗 ポゴニ・シュチェチン 78 (9)
2016 タイ王国の旗 ラーチャブリー 20 (2)
2018 セルビアの旗 FKゼムン 5 (0)
2019 イスラエルの旗 ハポエル・ペタフ・ティクヴァ 10 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

阪南大学在籍時に第25回デンソーカップチャレンジサッカー関西学生選抜(本大会参加メンバー)に選ばれた(MF、背番号9)[1]

大学卒業後、2012年7月にポーランド・3リーガ(4部)のKSグバルディア・コシャリンに加入。同じ西ポモージェ県のクラブでエクストラクラサ(1部)所属のMKSポゴニ・シュチェチンのスカウトに評価され、入団テストの末、2013年1月に3年半の契約でポゴニ・シュチェチンに移籍した。[2][3]

2013年2月22日に行われた2012-13シーズン第16節のザグウェンビェ・ルビン戦でエクストラクラサに初出場、同年8月17日に行われたザヴィシャ・ブィドゴシュチュ戦でポーランド・カップに初出場した。同月24日、2013-14シーズン第5節のヤギエロニア・ビャウィストク戦でエクストラクラサ初得点を記録した。

2015年2月14日、ウィンターブレーク後初戦の第20節レフ・ポズナン戦で負傷し、残り試合をすべて欠場した[4]。同年6月、ポゴニ・レンボルクとの練習試合で実戦復帰し、ゴールを記録した[5][6]

過去3シーズンは主力として主に先発でプレーしてきたが、2015-16シーズンは先発落ちが増えた[7]。2016年1月、タイ・プレミアリーグラーチャブリーに移籍した。カザフスタン・プレミアリーグイルティシュ・パヴロダルのテストを受けているときに、2013-14シーズンコロナ・キェルツェ監督を務めたホセ・ロホ・マルティン英語版がコーチに就任したラーチャブリーからオファーが届いた。[8]

2018年夏、セルビア・スーペルリーガFKゼムンに加入した[9]。ゼムンでは5試合に出場、9月に契約は解除された[10]

2019年1月、ハポエル・ペタフ・ティクヴァと2年間の延長オプション付きの2018-19シーズン終了までの契約を締結した[10][11]。イスラエルでプレーする最初の日本人サッカー選手となった[11]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯 期間通算
出場得点 出場得点 出場得点
ポーランド リーグ戦 リーグ杯 期間通算
2012-13 グバルディア・コシャリン 3リーガ (4部) 15 5 - - 15 5
2012-13 ポゴニ・シュチェチン 13 エクストラクラサ 13 0 0 0 13 0
2013-14 35 4 1 0 36 4
2014-15 17 5 2 0 19 5
2015-16 13 0 1 0 14 0
通算 ポーランド 4部 15 5 0 0 15 5
ポーランド 1部 78 9 4 0 82 9
総通算 93 14 4 0 97 14

記録編集

エクストラクラサ
ポーランド・カップ

脚注編集

  1. ^ 【デンソーカップチャレンジサッカー】”. 関西学生サッカー連盟. 2013年11月23日閲覧。
  2. ^ Takuya Murayama - Player changes, player transfers”. transfermarkt.co.uk. 2013年11月23日閲覧。(英語)
  3. ^ 村山拓哉がポーランド1部のポゴンシェチェチンと契約”. スポーツナビ (2012年12月1日). 2013年11月23日閲覧。 (現在オリジナルの記事は閲覧不可)
  4. ^ Dwumiesięczna przerwa Taku”. Pogoń Szczecin S.A. (2015年2月17日). 2015年7月3日閲覧。(ポーランド語)
  5. ^ Pewna wygrana w Lęborku”. Pogoń Szczecin S.A. (2015年6月27日). 2015年7月3日閲覧。(ポーランド語)
  6. ^ Pogoń Szczecin gromi na początek letnich sparingów”. gs24.pl (2015年6月27日). 2015年7月3日閲覧。(ポーランド語)
  7. ^ Takuya Murayama - Sezon 2015/16”. 90minut.pl. 2016年3月4日閲覧。(ポーランド語)występy/w "11"/pełne/rez. (出場/先発/フル出場/途中出場)
  8. ^ Koniec Murayamy w Pogoni. Były trener Korony ściągnął go do... Tajlandii”. Szczecin Sport.pl (2016年1月17日). 2016年3月4日閲覧。(ポーランド語)
  9. ^ TAKUYA MURAYAMA 村山拓哉 (@GStyle0808) (2018年7月30日). “...i'm happy join serbia super liga Fk zemun...”. Twitter. 2019年2月4日閲覧。
  10. ^ a b שוק המלפפונים: גוזלן הוצג בקפריסין, קשר יפני חתם בהפועל פ"ת”. Sport1 (2019年1月29日). 2019年2月4日閲覧。
  11. ^ a b רכש להפועל פתח תקווה: טאקויה מורייאמה היפני”. ONE (2019年1月29日). 2019年2月4日閲覧。
  12. ^ 卒団生 村山拓哉がポーランド1部のポゴンシェチェチンと契約”. 京都紫光サッカークラブ オフィシャルウェブサイト. 2013年11月23日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集