メインメニューを開く

村木 源次郎(むらき げんじろう、1890年 - 1925年1月24日)は、明治・大正時代の無政府主義者

生涯編集

1890年、横浜の貿易商糠屋に喜太郎の長男として、戸籍上は祖父喜三郎の四男として生まれる。幼少時に家業は傾き、13歳の頃から写真屋の小僧や牛乳配達をして働く。熱心なクリスチャンだった喜太郎の影響を受け山下町の横浜海岸教会に通う。教会内に「青年修養会」を組織し、それが1904年、服部浜次荒畑寒村らとの初期社会主義団体「横浜平民結社」へと発展する。結社は警察の干渉で解散させられ「曙会」として再結成する。1906年頃から平民社に出入りする。1908年6月、赤旗事件に連座し懲役1年。獄中で読んだヘッケル『宇宙の謎』を契機としてキリスト教社会主義からアナキズムに移行。出獄後は「曙会」残存メンバーと活動。1916年2月以降荒畑との活動から次第に大杉栄に傾倒していく。

最も深く大杉に推服し、大杉の死に到るまでそのよき女房役だった村木は日陰茶屋事件で孤立した大杉もよく支えた。久板卯之助和田久太郎もこれに加わる。渡辺政太郎宅における「研究会」(後の「北風会」)に参加。『文明批評』『労働新聞』、第1次『労働運動』の発行を献身的に助力。だが第2次『労働運動』発刊に際する大杉のアナ・ボル提携論には追従せず高尾平兵衛の『労働者』を支持。アナ・ボル提携破綻後の第3次『労働運動』には復帰。

大杉虐殺後、1923年末頃から、和田やギロチン社中浜哲古田大次郎と大杉の復讐を図る。1924年9月1日、和田は本郷菊坂町長泉寺で開かれた震災記念会で震災当時の戒厳司令官福田雅太郎大将を狙撃するも失敗、見張り役だった村木と古田は逃亡。2人はその後福田の家へ小包に偽装した爆弾を送りつけて爆発させたり本郷本富士警察署の廊下に爆弾を仕掛けたりしたが、9月10日、隠れ家を包囲され2人とも逮捕される。

村木は予審中に肺病で倒れ、1925年1月22日、担架で労働運動社に返される。1月24日、意識を回復することなく死去。享年36。

「村木はあの体ですから、捕つたら駄目だとは思つてゐましたが、それにしても、せめて法廷にだけは起たしてやりたかつたです。が、何んとも仕方ありませんでした。しかし、村木は村木らしく死にました。僕が思はず枕頭に涙を流したのを見て、彼は『泣いたつて……しようが……あ、あるかッ』と切れ切れな言葉で僕を叱りました。そして、既に意識を失つた死体同然の体を、タンカに乗せられて監獄を出て行きました。それは一月半ばの風の激しい、寒い闇の夜でした」(和田久太郎獄中書簡)

人物編集

村木は大杉の遺児から「げんにい」と慕われた。『労働運動』第6号(第4次、1924年12月1日発行)には次のような短信を載せている。

「童謡ニツ   大杉マコ

私ハ花ガ大スキヨ/チラチラチラト/チルカラヨ/ホントニ花ハ大スキヨ * 花ガサク 花ガサク/ハルガキタカラ 花ガサク/風ガフクタビ/花ガチル

右は、先日、福岡にいるマコちやんから、村木の源兄ィに見せるんだといつて送つて来た、童謡の中の二つであります。源兄ィ同様に、マコちやん達の事を心配してゐて下さる諸君にお目にかけます。

マコちやんは、今八つで二年生になつてゐます」

登場作品編集

参考文献編集

関連項目編集