メインメニューを開く

和田 久太郎(わだ きゅうたろう、1893年2月6日 - 1928年2月20日)は、日本の無政府主義者、労働運動家、俳人である。温厚な人柄で「久さん」あるいは「久太」の愛称で親しまれた。福田大将狙撃事件で逮捕され、無期懲役。獄中で俳句等の著述をしたが、しばらく後に自殺した。俳号は酔蜂(すいほう)で、和田酔蜂とも称す。

和田久太郎
Qtaro.jpg
アナキストの漫画家望月桂の作(1927年)
生誕 1893年2月6日
大日本帝国の旗 大日本帝国兵庫県明石市材木町
死没 (1928-02-20) 1928年2月20日(35歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国秋田刑務所
別名 酔蜂
職業 ジャーナリスト, 俳人
罪名 爆発物取締罰則違反, 殺人未遂, 建造物等損壊罪, 窃盗罪の併合罪
刑罰 無期懲役(減刑で懲役20年)

略歴編集

兵庫県明石市材木町に生まれた。父は生魚問屋に勤めていたが、貧乏子だくさんで経済的に貧窮。久太郎は角膜の病気で小学校もあまり行けず、11歳から大阪北浜株屋丁稚奉公に出た。その後、仕事のかたわら実業補習学校に通って、長じて質屋の番頭となり、人足に転じ、抗夫、車夫を経て、労働運動に身を投じるようになった。また15歳のころから俳句をたしなんだ。

売文社に入社して、堺利彦大杉栄らと親交を結んた。サンディカリスムを熱心に研究し、久板卯之助[1]と共に、日蔭茶屋事件で人望を失った後の大杉栄の両腕と呼ばれるようになった。淀橋町柏木の大杉家の二階に寄宿し、和田と久板、村木源次郎は同宿同飯の仲であった。

社会の底辺の人々を愛し、無政府主義伝道と称して全国を流浪して体を壊したために、1923年2月頃から5月まで栃木県那須温泉の旅館小松屋新館で湯治。そこで浅草十二階娼婦堀口直江と恋に落ちて、性病に感染したが、東京に戻ってからも交際を続けた。

1923年9月、関東大震災の直後に親友の大杉栄が殺害された甘粕事件では大きな衝撃を受け、右翼団体に葬儀の際に遺骨を盗まれる(大杉栄遺骨奪取事件)至って激憤。彼の仇を討つという名目で、前年まで戒厳司令官の地位にあった陸軍大将福田雅太郎暗殺を、ギロチン社古田大次郎や村木ら4名と計画。和田らは福田大将が甘粕事件の命令者と考えていた。

初めは爆弾テロを計画して、爆弾を試作して下谷区谷中清水町の公衆便所や青山墓地で実験するも不発。ピストルでの襲撃に切り替えた。1924年9月1日、震災の一周年忌に、東京本郷三丁目のフランス料理店・燕楽軒[2]で福田大将を待ち伏せした。しかし初弾は安全のために空砲が装填されていたことを和田は知らず、至近距離からの発砲であったが失敗。大将の同行者であった石浦謙二郞大佐にその場で取り押さえられ、ほとんど怪我すらさせられずに逮捕された。

1925年、上記罪状の併合罪にて無期懲役判決。余りに重い量刑に、弁護士の山崎今朝弥は「地震憲兵火事巡査。甘粕は三人殺しで仮出獄? 久さん未遂で無期懲役!」[3]と憤慨した。ただし翌年の大正天皇崩御により恩赦があり、懲役20年に減刑された[4]

最初、網走刑務所に入れられ、秋田刑務所に移送。俳句などを多く作って手紙などにしたため、獄中から友人に送った。著作『獄窓から』は1927年に出版され、その俳句は芥川龍之介の絶賛を受けた[5]

しかし和田は長く肺病を患っており、古田の刑死[6]、村木の病死を知って悲観し、1928年2月20日午後7時頃、看守の目を盗んで自殺した。

もろもろの 憐れも消ゆる 雪の風                 

— 和田久太郎の辞世の句, 秋田刑務所にて

和田の遺骸は、労働社の近藤憲二[7]らが秋田県まで行ってもらいうけて荼毘に付し、都営青山霊園の古田大次郎の墓側に葬られた[8]

著書編集

関連作品編集

小説
  • 松下竜一『久さん伝―あるアナキストの生涯』(1983) - 伝記的事実をもとにしたノンフィクション小説。
映画

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ひさいた うのすけ(1878-1922)大正時代の無政府主義者、画家。大杉、和田と共に「労働新聞」創刊や北風会に関係。1922年1月21日、静岡県伊豆に写生に出かけて遭難し、天城山猫越峠で凍死した。
  2. ^ 芥川龍之介菊池寛久米正雄ら文壇の著名人や政治家など各界から愛された大正時代の名店。
  3. ^ 高田 1932, p.301
  4. ^ 高田 1932, p.299
  5. ^ 『獄中の俳人 「獄窓から」を読んで』 芥川龍之介全集 第14巻 (岩波書店 1996.12) pp.236-239
  6. ^ 古田は福田襲撃事件の前年、活動資金調達の目的で十五銀行を襲撃、その際に銀行員一名を刺殺している(小坂事件)。
  7. ^ 大杉栄の死後、アナキスト運動を引き継いだ。
  8. ^ 現在、古田の墓はあるが、和田久太郎の墓は在所不明。

参考文献編集

関連項目編集