メインメニューを開く

井浦新

日本の俳優

井浦 新(いうら あらた、本名同じ[1]1974年9月15日 - )は、日本俳優ファッションモデルファッションデザイナー。旧芸名、ARATA(あらた)。ファッションブランド・ELNEST CREATIVE ACTIVITYディレクター、一般社団法人匠文化機構(たくみぶんかきこう)理事長[2]

いうら あらた
井浦 新
井浦 新
本名 井浦 新
別名義 ARATA
生年月日 (1974-09-15) 1974年9月15日(44歳)
出生地 日本の旗 日本東京都日野市
国籍 日本
身長 183 cm
血液型 A型
職業 俳優ファッションモデルファッションデザイナー
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
配偶者 既婚
事務所 テンカラット
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
ワンダフルライフ
ピンポン
空気人形
かぞくのくに
テレビドラマ
最後の戦犯
チェイス〜国税査察官〜
平清盛
リッチマン、プアウーマン
同窓生〜人は、三度、恋をする〜
アンナチュラル

東京都日野市出身。ジャングルを経て[3]テンカラット所属。

目次

略歴編集

東京経済大学中退。一浪して入った大学在学中の19歳の時[4]、インディーズブランドのコレクションをきっかけに、モデル事務所にスカウトされて芸能界入り[5]。デビュー当初は本名で活動し、その後ARATAを芸名としていた。

元々役者志望で芸能界に入ったわけではなかったので、最初は演技の仕事は記念のつもりぐらいでやっていた。そのため俳優という立場に自分の気持ちが追いつけなかったという意味では、閉塞感に近いものはあった。それこそ、作品を撮り終わったあとに、作品の宣伝活動をするということも想像もつかなかったほどである[6]

ファッションモデルとして、『MEN'S NON-NO』、『an・an』、『smart』、『CHECK MATE』、『asayan』他、各ファッション誌の表紙を飾る。1990年代後半にはパリコレをはじめ、東京コレクションなどで常にシーズンのトップモデルとして出演を果たす。

1998年11月に独自ブランド"REVOLVER"をオープンする。REVOLVER内で、小リリースラインのFARRELLを展開。2007年から改名し、自身のブランド"ELNEST CREATIVE ACTIVITY"をもって独立し、本格的なデザイン活動を展開している。

俳優業では、1999年公開の『ワンダフルライフ』のオーディションを受け、映画初主演。2002年公開の『ピンポン』で注目を集め、2005年に発売された書籍『メガネ男子』(アスペクト)にて、「好きなメガネ男子」1位になっている。2004年公開の『青い車』では、セルフスタイリングで自身のブランドであったREVOLVERを着用して出演している。近年は、テレビドラマ舞台にも出演し、活動の幅を広げている。

長らく芸名を使用してきたが、2012年の『平清盛』にて本名で出演することが2011年11月に番組公式ホームページで明らかにされ[7][8]、2012年に入って所属事務所の公式ホームページにより本名で活動することも告知された[9]。芸名を本名に戻す理由について、2012年6月に公開された映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』に三島役で出演した際に「三島さんを演じた役者の名前が、アルファベット表記でエンドロールに出ることは好ましくない」と考えたからと述べている[1][10]

2012年10月、映画監督の若松孝二が死去した際は、晩年の作品に多数出演していた縁で告別式の弔辞を読んだ[11]

同年、ベストジーニストベストフォーマリストの2賞を受賞した[12]。12月22日-2013年3月3日に、箱根 彫刻の森美術館にて初の写真展を開催した。

2013年4月より京都国立博物館の「文化大使」に就任し、NHKの教養番組『日曜美術館』司会[13]文化財修復保護や日本の伝統工芸継承の支援などを目的とする一般社団法人匠文化機構の理事長に就任するなど、美術や伝統工芸に強い関心を持ち活動している[14]

人物編集

  • 瑛太を役者として愛してやまないと語っており、演技の幅の広さや表現力を評価している。後に映画『光』で共演が実現した際には「今回はお互いが本能のままに演じ、キャッチボールができたのもうれしかった。本能のままに演じるというのは、もろくて壊れやすい側面もあるので、危険な行為だと思うんです。でも、お互いが直感のままに感じたことをやり、作品として成立できたことは感動ですね」と語っている[6]
  • プライベートでは2児の父として普通に過ごしており、2017年のインタビューでは「子どもにもできるであろう趣味を一緒に共有して一緒に遊ぶことで、子どもの感性を知ったり、逆に自分も子どもにしかない感性を教わったりしています」と話している[6]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

ゲーム編集

ドキュメンタリー編集

  • TOP OF JAPAN(1996年、MTV JAPAN
  • 男前列伝〜オトコが惚れる表現者の物語〜(2010年10月2日、NHKBShi)‐曾我蕭白×ARATA
  • NHK教育ETV特集 “小さな金融”が世界を変える 〜アメリカ発 元銀行マンの挑戦〜」(2010年10月10日) - ナレーション
  • ソロモン流(2010年10月17日、テレビ東京)
  • 美の巨人たち(2010年10月23日、テレビ東京)
  • 井浦新 暁時、黄昏(2012年12月23日、BSフジ)
  • 日曜美術館(2013年4月 - 2018年3月、NHK Eテレ
    • 日曜美術館 特別編 井浦新のにっぽん美の旅(2014年12月28日、NHK Eテレ)
  • 京都別荘「はなやぎの春 すずやかに夏」(2014年7月19日、NHK BSプレミアム)
  • 井浦新 アジアハイウェイを行く(2015年4月11日 - 、NHK BSプレミアム)
  • 世界に誇る夢の超特急〜新幹線開発物語(2017年3月26日、BS-TBS) - ナレーション

トーク番組編集

ラジオ編集

舞台編集

CM編集

PV編集

ナレーション編集

受賞歴編集

1999年度
2002年度
  • 第17回高崎映画祭 最優秀助演男優賞(『ピンポン』)
2009年度
  • 第24回高崎映画祭 最優秀主演男優賞(『空気人形』)
2010年度
2012年度
2018年度

モデル活動編集

あらた
ARATA
プロフィール
生年月日 1974年9月15日
現年齢 44歳
出身地   日本東京都
血液型 A型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 183 cm / kg
スリーサイズ 89 - 75 - 90 cm
靴のサイズ 27 cm
活動
デビュー 大学生のときにスカウトされる
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 俳優、ELNEST CREATIVE ACTIVITY デザイナー
モデル: テンプレート - カテゴリ

ファッションショー編集

雑誌編集

展覧会編集

書籍編集

  • 京のろおじ 暮らす旅 京都(2013年12月、阪急コミュニケーションズ)ISBN 978-4484132396 - 「旅の案内人」として登場
  • 井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻(2014年3月、東京美術)ISBN 978-4808709808

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 今西孝江 (2012年1月4日). “ARATAが改名、三島由紀夫演じ決意” (日本語). nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2012年1月4日閲覧。
  2. ^ 匠文化機構について、匠文化機構、2014年4月25日閲覧。
  3. ^ ARATA jungle 【ジャングル】 2010年2月9日
  4. ^ 井浦新、オファーを断り続けた過去「時間かけて遠回りした分、今の自分がある」 週刊女性 2018年3月27日号
  5. ^ 井浦新、瑛太を相手役に指名「このべらぼうな映画は宝物です」…25日公開「光」 スポーツ報知 2017年11月24日
  6. ^ a b c 週刊女性2017年12月5日号
  7. ^ 登場人物一覧:大河ドラマ” (日本語). 大河ドラマ「平清盛」公式サイト. 日本放送協会. 2011年12月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  8. ^ 出演発表が行われた2011年5月の時点では芸名で発表されていた。
  9. ^ ARATA 所属事務所公式ページの告知参照。
  10. ^ 俳優ARATA改め本名「井浦新」に 日刊スポーツ 2012年1月4日閲覧
  11. ^ 井浦新、若松監督告別式で涙の弔辞 寺島しのぶ「かけがえのない時間でした」”. cinamacafe.net (2012年10月24日). 2012年10月24日閲覧。
  12. ^ 井浦新、ベストフォーマリスト受賞 ベストジーニストと今年2冠”. ORICON STYLE. オリコン (2012年11月14日). 2012年11月17日閲覧。
  13. ^ 『日曜美術館』の井浦新 「ドキュメンタリー撮ってる感覚」 女性セブン 2013年12月19日号
  14. ^ 井浦新、匠文化機構、2014年4月25日閲覧。
  15. ^ りょう、4年ぶりの映画出演!夫のバンドBRAHMANのドキュメンタリーで”. シネマトゥデイ (2015年5月22日). 2015年7月1日閲覧。
  16. ^ “三浦しをん氏の小説『光』実写映画化 井浦新、瑛太ら出演”. ORICON STYLE. (2016年10月22日). http://natalie.mu/eiga/news/206435 2016年10月24日閲覧。 
  17. ^ 映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』公式サイト
  18. ^ NHK、“火10”ドラマを“金10”に移設 大人のラブストーリーで再出発”. ORICON STYLE (2016年1月27日). 2016年1月27日閲覧。
  19. ^ “石原さとみ、“逃げ恥”脚本家とタッグ 解剖医役でTBS連ドラ初主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2097097/full/ 2017年9月12日閲覧。 
  20. ^ “吉岡里帆:フジ系ドラマ初主演 新人ケースワーカー役で「今までと違った新しい挑戦」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年5月14日). https://mantan-web.jp/article/20180513dog00m200023000c.html 2018年5月14日閲覧。 
  21. ^ “ディーン&井浦新主演「レ・ミゼラブル」SPドラマ化!山本美月、吉沢亮ら出演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年11月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105054 2018年11月20日閲覧。 
  22. ^ “井浦新主演、阪神・淡路大震災後の実話をSPドラマ化!共演は野村周平、葵わかな、椎名桔平”. ザ・テレビジョン (株式会社KADOKAWA). (2018年11月7日). https://thetv.jp/news/detail/168412/ 2018年11月7日閲覧。 
  23. ^ 人物”. 龍が如く0 誓いの場所. 2014年9月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月11日閲覧。
  24. ^ 東洋館リニューアルオープン、東京国立博物館、2013年1月18日参照。
  25. ^ 受賞結果総評”. 第96回ドラマアカデミー賞. KADOKAWA. 2018年5月2日閲覧。

外部リンク編集