東京都建設局

東京都建設局(とうきょうとけんせつきょく、英称:Tokyo Metropolitan Government Bureau of Construction)は、東京都組織条例に基づいて東京都に置かれる局の一つで、知事部局である。なお現在都市整備局にある市街地整備部は、2004年3月まで建設局に属していた。

Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都の行政官庁
東京都建設局
役職
局長 西倉 鉄也
組織
本庁 総務部、用地部、道路管理部、道路建設部、三環状道路整備推進部、公園緑地部、河川部
概要
所在地 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 東京都庁舎第2本庁舎内
定員 2,335名(平成18年度現在)
ウェブサイト
東京都建設局
テンプレートを表示

目次

分掌事務編集

  1. 道路河川及び公園緑地に関すること。
  2. 土木に関すること。

概要編集

都内の道路・河川・公園等の整備・管理を行っている。関東大震災太平洋戦争からの復興に重要な役割を担ってきた局である。戦後すぐに自動車の普及を見越して放射状・環状の道路を骨格とした道路網を計画しているものの、いまだ完成には至っていない。東京都道311号環状八号線2006年に60年越しにようやく全線開通し、目下の最大のプロジェクトは首都高速道路中央環状品川線である。

また、ヒートアイランド現象が顕著となり、ゲリラ的な集中豪雨と短時間での河川の増水による氾濫といった、都市型の水害が近年増加していることから、速やかに雨水を逃がすべく、東京都道318号環状七号線下に地下河川の整備を行っている。

2004年度からは、道路アセットマネジメントにも積極的に取り組んでいる。アセットマネジメントとは最適な投資により最大の利益を得る手法である。つまり道路を資産とみなし、各種道路施設の更新時期を迎える前に構造物の状態を把握し、計画的に予防的な補修を行うことで、更新時期を過ぎた場合と比較して事業費を抑えられ、かつ道路施設の寿命を延ばす(利益を最大化する)ことのできる仕組みである。都は高度成長期に整備した道路施設が数多くその更新時期が迫っているが、道路アセットマネジメントでは、投資を更新時期に集中させることなく平準化を図ることが可能となり、財政的な負担も軽減できる。

組織編集

本庁編集

  • 局長
    • 次長
    • 道路監
      • 総務部
        • 総務課、企画計理課、技術管理課、職員課、用度課
      • 用地部
        • 管理課、用地課、調整課
      • 道路管理部
        • 管理課、路政課、監察指導課、保全課、安全施設課
      • 道路建設部
      • 三環状道路整備推進部
        • 管理課、整備推進課
      • 公園緑地部
        • 管理課、計画課、公園課、公園建設課
      • 河川部
        • 管理課、指導調整課、計画課、改修課、防災

事業所編集

  • 土木技術支援・人材育成センター
  • 第一建設事務所
  • 第二建設事務所
  • 第三建設事務所
  • 第四建設事務所
  • 第五建設事務所
  • 第六建設事務所
  • 西多摩建設事務所
    • 奥多摩出張所
  • 南多摩東部建設事務所
  • 南多摩西部建設事務所
  • 北多摩南部建設事務所
  • 北多摩北部建設事務所
  • 東部公園緑地事務所
  • 西部公園緑地事務所
  • 江東治水事務所

マスコットキャラクター編集

  • けんちゃん・せっちゃん

出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集