東北アジア歴史財団

東北アジア歴史財団(とうほくあじあれきしざいだん)は、韓国政府教育部傘下の「東北アジアの歴史問題と独島に関する事項の研究・分析と政策開発」「東北アジア歴史問題を解決し、独島の領土主権を守る」公共機関[1][2]

東北アジア歴史財団
各種表記
ハングル 동북아역사재단
漢字 東北亞歷史財團
英語表記: Northeast Asian History Foundation
テンプレートを表示

高句麗渤海の帰属問題に関する中国東北工程日本歴史教科書問題竹島領有権問題に対抗するために2006年9月22日に設立した[1][2]

青瓦台が任命する理事長は閣僚級、外交部出身者が務めてきた事務総長は次官級であるなど地位が高く、博士クラスの研究員だけでも46人を有する[1]

批判編集

東北アジア歴史財団は、韓国で「檀君は実在した」「衛満は朝鮮人だった」「楽浪郡は朝鮮半島になかった」などの主張を行っている韓国の民族主義者から度々批判されており[3]在野の史学者から「国民の税金で運営される財団が植民史観の本拠地」と批判されている[1]

中央日報』は、2012年8月に東北アジア歴史財団がアメリカ議会調査局に「韓中境界の歴史的変化に対する韓国の見解」という資料を提出したが、紀元前108年漢の武帝が設置した漢四郡が朝鮮半島の一部地域を統治したという「東北工程と日帝植民史学の核心的な主張」を認める資料を送っていると問題視している。資料では、紀元前3世紀196年黄海道真番郡が存在した、紀元前108年に漢四郡が朝鮮半島北部に存在したとしているが、ボク・ギデ仁荷大学教授は「地図に基づくと、高麗の首都の開城に楽浪があったということだが、そのような史料や学説に接したことはない」「漢四郡が韓半島にあったという話は、日帝時代に植民史学者が『韓国は他国の属国』としてねつ造した事実」と批判、セヌリ党李相逸議員は「米議会の報告書は米国の政策に直接影響を及ぼす重要な資料だが、こうした資料として我々の歴史を歪曲する地図を財団と政府が送ったことは国益を傷つける行動」「誤っている部分を早期に修正する措置を取らなければいけない」と批判している。さらに『中央日報』は、「財団で勤務した関係者は『日帝植民史観などを継承している人たちが内部にいる』と述べた」と報じた[4]

2012年6月に京畿道教育庁が作成した中国の東北工程に対抗する教育資料集「北東アジアの平和を夢みて」について、東北アジア歴史財団は「この教材は外交的に敏感な内容を含んでいると判断し、精密分析を行った」「教育現場で資料として使用されるには問題があるという結論を出し、修正を勧告した」と修正勧告を出した[5]。それによると、檀君神話を歴史的事実として記述した部分(28ページ)について東北アジア歴史財団は、「古朝鮮開国神話は神話的な範疇に属し、歴史的な事実でないのは自明だ」「神話が伝える内容と歴史的な背景は厳格に分離して記述するのが望ましい」「中国の歪曲された歴史観を修正するという趣旨を考慮しても(資料集は)古代史の一般的な認識方法から外れ、読者を誤って導くおそれがある」と修正を勧告、1909年に日清が締結した間島協約は国際法上無効であり、間島は韓国の領土という資料集の白頭山の境界碑(1712年)を国際法上有効な国境条約と記述(88ページ)した箇所に対して、東北アジア歴史財団は「白頭山境界碑が建設された時期は国際法的な認識が登場する前であり、国際法的な基準をそのまま適用するのは適切でない」と修正を勧告[5]、国際法上、乙巳条約1905年)と間島協約が無効化すれば、奪われた間島を取り戻せるかのような記述(87ページ)対して、東北アジア歴史財団は「間島協約前に間島の領域を確定し、間島を韓国の領土とした事実はない」と指摘[6]、その他には、支石墓は古朝鮮だけにあったと記述し、中国にはいかなる形態の支石墓も見られない(27ページ)という箇所に対して、東北アジア歴史財団は「支石墓は中国東部沿岸地域でもかなり発見されている。考古学的な研究成果を反映していない」と指摘、渤海王大祚栄は振国王と呼ばれていたが高句麗王と記述、清が満州の封禁政策を解除したが「朝鮮が解除した」と記述、白頭山境界碑は「朝鮮と清の口頭合意で1792年に建設された」と記述(88ページ)しているが、朝鮮と清の口頭合意はなく、建設されたのは1712年などの誤りを指摘している[6]。これに対して京畿道教育庁は、「教科書で扱えない重要な歴史的な論争と事実を紹介するのが目的」であり、「授業参考用の資料であるため問題にはならない」と東北アジア歴史財団を批判している[6]

脚注編集

  1. ^ a b c d “【コラム】東北アジア歴史財団はなぜ設立したのか=韓国”. 中央日報. (2015年10月5日). オリジナルの2016年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160413051557/http://japanese.joins.com/article/539/206539.html 
  2. ^ a b “東北アジア歴史財団創立10周年記念式典”. コリアネット (海外文化弘報院). (2016年9月21日). オリジナルの2016年9月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160922132545/http://japanese.korea.net/NewsFocus/Policies/view?articleId=140793 
  3. ^ ““낙랑군 평양說은 사실” VS “이동·교역 가능성 무시”… ‘한국 상고사 쟁점: 왕검성·한군현’ 토론회”. 国民日報. (2016年3月22日). オリジナルの2016年4月22日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161116073348/http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0923471095&code=13110000&cp=nv 
  4. ^ “「韓半島に漢四郡」歪曲された古代史資料を米議会に送る=韓国”. 中央日報. (2015年10月5日). オリジナルの2015年10月6日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20151006234612/http://japanese.joins.com/article/506/206506.html? 
  5. ^ a b “「渤海建国」大祚栄が高句麗王?…常識はずれの韓国の歴史資料集(1)”. 中央日報. (2012年9月18日). オリジナルの2013年9月22日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130922052614/http://japanese.joins.com/article/720/159720.html 
  6. ^ a b c “「渤海建国」大祚栄が高句麗王?…常識はずれの韓国の歴史資料集(2)”. 中央日報. (2012年9月18日). オリジナルの2017年12月11日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20171211115737/http://japanese.joins.com/article/721/159721.html?servcode=400 

外部サイト編集