メインメニューを開く

東北三大地主(とうほくさんだいじぬし)は、明治後期から昭和初期にかけて、農地改革前に広大な農地を所有していた、宮城県石巻市の齋藤氏、秋田県大仙市の池田氏、山形県酒田市本間氏の近代資産家3氏をいう[1]平成時代に入って、齋藤氏庭園旧池田氏庭園および本間氏別邸庭園(鶴舞園)はそれぞれ、国の名勝に指定された[2]。いずれも何代かにわたっての地主であり、特定の個人3人を指すものではない。

目次

時代背景編集

田畑など農地の所有者である地主が、小作人に土地を貸し出して耕作させ、農作物の一部を地代として徴収する地主制度が背景にあった。

最盛期の所有農地編集

  • 齋藤氏 田畑1,500ha
  • 池田氏 耕地1,054ha=東京ドーム225個分
  • 本間氏 3,000ha

参照編集

脚注編集