メインメニューを開く

東北民主連軍航空学校(とうほくみんしゅれんぐんこうくうがっこう)とは、1946年3月1日に設立された国共内戦期の八路軍の航空学校。第二次世界大戦終結後、大日本帝国陸軍関東軍第2航空軍独立第101教育飛行団第4練成飛行隊長林弥一郎少佐を始めとする、隊員300名余りが教官となって八路軍のパイロットを養成した。

東北民主連軍航空学校
創設 1946年(昭和21年)3月1日
廃止 1949年
所属政体 Flag of the Chinese Communist Party (Pre-1996).svg 中国共産党
所属組織 東北民主連軍
編成地 通化
テンプレートを表示

目次

概要編集

1945年8月、中国共産党中央委員会は空軍創設のため東北部に航空学校を設立することを決定し、ソ連や中華民国空軍で航空技術を学んだ者、中国共産党中央党校、中央自然科学院、俄文学校などから引き抜いた30名余りを東北部に派遣した[1]

1945年10月、林弥一郎少佐は瀋陽東北人民自治軍総部で林彪彭真伍修権から八路軍空軍設立を要求され、隊員の生活保障を条件として空軍設立に協力することを受け入れた。1946年1月1日に航空総隊が設立され、2月3日通化事件では、林少佐や中華民国政府に協力しようとした飛行隊員は逮捕され、航空技術を持たないものは炭鉱送りとされた。3月1日東北民主連軍航空学校と改称された。

東北民主連軍航空学校では練習機として一式戦闘機九九式高等練習機P51などを使用していた。日本人に対する人事や指導は日本人八路軍人の杉本一夫が行った。中華人民共和国建国後の1949年末、更に6ヶ所の航空学校が開校され、中国人民解放軍第七航空学校に改編された。

卒業生編集

日本人教官のもとでパイロット126名、整備士322名を始めとする560名の航空技術幹部が輩出された[2]

飛行教員訓練班(1946年5月入学、1947年6月卒業、21名卒業[5]

  • 劉風、呉恺、魏堅、王璉(1947年春北朝鮮帰国)、張成中、謝挺揚、許景煌(飛行事故の負傷により転出)、欧陽翼(1946年転出)、張華、于飛、顧青、秦傳家、張華、方子翼、夏伯勳、袁彬、呂黎平、陳熙、劉忠惠、方華、方槐、安志敏、趙群、胡志昆、黎明、張毅、李奎、

飛行第1期甲班(1946年7月入学、1948年9月卒業、12名卒業[5]

  • 呉元任、龍定燎、阮済舟、李熙川、姚峻、張鳳歧、吉世堂、孟進、張建華、劉耀西、瞿満緒、于希和

飛行第1期乙班(1947年5月入学、1948年9月卒業、31名卒業[5]

飛行第2期(1948年4月入学、1949年8月卒業、16名卒業[5]

飛行第3期(1949年4月入学、1949年11月卒業、46名卒業[5]

領航第1期(1947年4月入学、1949年3月卒業、24名卒業[5]

気象第1期(1948年10月入学、1949年6月卒業、12名卒業[5]

儀表第1期(1948年10月入学、1949年9月卒業、6名卒業[5]

機械第1期(1946年2月入学、1948年4月卒業、40名卒業[5]

機械第2期(1946年11月入学、1948年4月卒業、57名卒業[5]

機械第3期(1948年6月入学、1949年5月卒業、125名卒業[5]

機械第4期(1948年6月入学、1949年5月卒業、83名卒業[5]

通信第1期(1948年10月入学、1949年8月卒業、9名卒業[5]

場站第1期(1947年9月入学、1947年9月卒業、8名卒業[5]

場站第2期(1948年3月入学、1949年5月卒業、30名卒業[5]

参謀班(1949年7月入学、1949年9月卒業、23名卒業[5]

脚注編集

参考文献編集

  • 马毓福編著 (1994). 1908-1949中国军事航空. 航空工业出版社. ISBN 7-80046-751-1. 
  • 「通化事件―共産軍による日本人虐殺事件はあったのか? いま日中双方の証言で明らかにする」 佐藤和明 新評論 1993/04 ISBN 4794801742
  • 「凍てつく大地の歌-人民解放軍日本人兵士たち」 古川万太郎 三省堂 1984/01 ISBN 4385349142
  • 中共空軍創設秘話その3 軍事評論家佐藤守 2005-11-08
  • 中国空軍創設につくした日本人教官元空軍司令官が回想する 人民日報

関連項目編集