メインメニューを開く

東和米川テレビ中継局(とうわよねかわテレビちゅうけいきょく)は、宮城県登米市の旧東和町地域にあるテレビ中継局

目次

中継局概要編集

デジタルテレビ放送編集

リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 TBC
東北放送
22 300mW 1.2W 水平偏波 宮城県 576世帯 2009年
12月25日[1]
2 NHK
仙台教育
25 → 34 全国
3 NHK
仙台総合
26 宮城県
4 MMT
ミヤギテレビ
18
5 KHB
東日本放送
20
8 OX
仙台放送
16

(矢印の左側は、2012年10月29日のリパック前のチャンネル[2][3]

  • 所在地: 登米市東和町米川(城ノ内)[4]
  • 放送区域: 登米市の一部[4](旧東和町域の米川地区)
  • 2009年10月20日に予備免許が交付され[5][6]、11月中旬に試験電波を発射。12月24日に本免許が交付され[1]、12月25日に本放送が開始された[1]

アナログテレビ放送編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
49 NHK
仙台教育
映像3W/
音声750mW
映像13W/
音声3.3W
水平偏波 全国 522世帯 1973年
9月13日[7]
51 NHK
仙台総合
宮城県
55 TBC
東北放送
映像12W/
音声3W
1975年
12月24日[8]
57 OX
仙台放送
59 MMT
ミヤギテレビ
61 KHB
東日本放送
1977年
9月30日[9]

出典・脚注編集

  1. ^ a b c 宮城県の免許情報(総務省東北総合通信局)
  2. ^ 岩手・宮城県内地デジ中継局の送信チャンネル変更(リパック)を実施(報道資料2012年7月26日)(総務省東北総合通信局)
  3. ^ 岩手県、宮城県リパック対象地デジ中継局の概要(報道資料2012年7月26日)(総務省東北総合通信局)
  4. ^ a b 東和米川中継局(地上デジタルテレビ放送)の概要及び放送エリア図(報道資料2009年10月20日) (PDF) (総務省東北総合通信局)
  5. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)に予備免許-東北地域の地上デジタルテレビジョン放送の視聴エリアが拡大します(報道資料2009年10月20日)(総務省東北総合通信局)
  6. ^ 予備免許した中継局の試験電波発射開始予定時期等(報道資料2009年10月20日)(総務省東北総合通信局)
  7. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'74』 日本放送出版協会、1974年、366頁。 
  8. ^ 日本民間放送連盟(編) 『日本放送年鑑'76』 巴出版社、1976年、25頁。 
  9. ^ 日本民間放送連盟(編) 『日本放送年鑑'78』 洋文社、1978年、557頁。 

関連項目編集