宮城テレビ放送

宮城県の日本テレビ系列局

株式会社宮城テレビ放送(みやぎテレビほうそう、: Miyagi Television Broadcasting Co., Ltd.)は、宮城県放送対象地域としたテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。

株式会社宮城テレビ放送
Miyagi Television Broadcasting Co., Ltd.
Mmt logo.svg
Miyagi Television Broadcasting.JPG
宮城テレビ放送本社
種類 株式会社
略称 ミヤテレ、ミヤギテレビ、MMT
本社所在地 日本の旗 日本
983-8611
仙台市宮城野区日の出町1-5-33
設立 1970年1月17日
業種 情報・通信業
法人番号 9370001006546 ウィキデータを編集
事業内容 放送法に基づくテレビ放送事業
各種イベントの企画・実施等
代表者 代表取締役社長 大沼裕之
資本金 3億円
売上高 76億9074万6419円
(2022年03月31日時点)[1]
営業利益 6億1980万3702円
(2022年03月31日時点)[1]
経常利益 6億7655万6921円
(2022年03月31日時点)[1]
純利益 4億5896万6529円
(2022年03月31日時点)[2][1]
純資産 175億3444万3294円
(2022年03月31日時点)[2][1]
総資産 189億0773万2044円
(2022年03月31日時点)[2][1]
従業員数 107名(2021年3月現在)
主要株主 カメイ 22.5%
読売新聞グループ本社 20.0%
日本テレビ小鳩文化事業団 18.0%
日本テレビホールディングス 10.7%
(2019年4月1日時点)[3]
主要子会社 ミヤギテレビサービス 100%
関係する人物 務台猛雄(元代表取締役会長)
榧野信治(元常務取締役)
根岸豊明(元取締役)
伊藤和明(相談役)
外部リンク https://www.mmt-tv.co.jp/
テンプレートを表示
宮城テレビ放送
英名 Miyagi Television
Broadcasting Co., Ltd.
放送対象地域 宮城県
ニュース系列 NNN
番組供給系列 NNS
略称 MMT
愛称 ミヤテレ
ミヤギテレビ
呼出符号 JOMM-DTV
呼出名称 ミヤギテレビデジタルテレビジョン
開局日 1970年10月1日
本社 983-8611
宮城県仙台市宮城野区日の出町
1-5-33
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 4
デジタル親局 仙台 24ch
アナログ親局 仙台 34ch
ガイドチャンネル 34ch
主なデジタル中継局 涌谷 24ch
主なアナログ中継局

気仙沼 37ch
女川 57ch
登米 56ch
石巻 55ch
栗駒 36ch
秋保 39ch
白石 36ch
柴田船迫 43ch

ほか
公式サイト https://www.mmt-tv.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

通称・コールネームはミヤギテレビ(デジタルテレビジョン)[注釈 1]愛称は『ミヤテレ』。NNNNNS系列フルネットで、東北地方における日本テレビ系列の基幹局である。

本社スタジオは仙台市宮城野区日の出町。営業・事業部門は別に仙台市青葉区一番町仙台第一生命タワービルに拠点を置いている。

宮城野区に本社スタジオを置く唯一のテレビ局だが泉区に本社スタジオの移転を予定している。

コールサインJOMM-DTV(仙台 24ch)、リモコンキーIDはキー局の日本テレビと同じ「4」。

カメイ株式会社の持分法適用関連会社であり、同社の代表取締役名誉会長が代表取締役会長を務めている。

東北地方の日本テレビ系列局では最後発ではあるが、東北ブロック基幹局として、東北6県(一部は新潟県も含む)ネットの番組をいくつか制作している。

開局当初のMMTはANNに加盟していたが、東北地方の日本テレビ系列局のうち、同様にかつてANNに加盟していた福島中央テレビテレビ岩手とは違い、朝日新聞テレビ朝日との資本関係は今日に至るまで一切ない。

宮城県内民放テレビ局で唯一、社名に「テレビ」がつく[注釈 2]

2022年の年間視聴率で世帯視聴率、個人全体視聴率とも三冠王を獲得した。特に世帯視聴率では10年連続だった。2021年度視聴率も世帯視聴率、個人全体視聴率とも三冠王を達成した。世帯視聴率は12年連続、個人全体視聴率も2年連続だった[4]

略称の変遷編集

開局当初の略称は「MTB」Miyagi Television Broadcasting)、その後、コールサインJOMM-TVと親局のアナログチャンネルである34chから「mm34」に変更[注釈 3]。現在の略称である「MMT」(JOMM-(D)TV)は1985年から使われている。ただし、ニュース番組などのタイトルに略称は用いていない[注釈 4]

本社・支局所在地・関連会社編集

資本構成編集

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[7][8][9][10]

2021年3月31日編集

資本金 発行済株式総数 株主数
3億円 600,000株 12
株主 株式数 比率
カメイ 135,000株 22.50%
読売新聞東京本社 119,000株 19.83%
日本テレビ小鳩文化事業団 108,000株 18.00%
日本テレビ放送網 064,000株 10.66%
宮城県 060,000株 10.00%
亀井文行 [注釈 6] 048,000株 08.00%
読売光と愛の事業団 034,000株 05.67%

過去の資本構成編集

沿革編集

ネットワークの移り変わり編集

移行された番組は、日本テレビ系列は仙台放送から同系列を引き継いだ為、仙台放送9:東北放送1であった。一方でNETテレビ系列は、東北放送が相当数放送していた関係で、東北放送8:仙台放送2であった。ただし『モーニングショー』など一部のワイドショー番組などは仙台放送で一時期放送された後に東北放送へ移行していた為、実際は東北放送5:仙台放送→東北放送3:仙台放送2である。

東日本放送開局直前のプライムタイムクロスネット表(1975年9月)[12]

無印=同時ネット、★印=時差ネット

曜日/時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
19:00 NET

魔女っ子メグちゃん

NET

カリメロ

日テレ

新・底ぬけ脱線ゲーム

NET

クイズタイムショック

日テレ

歌まね振りまねスターに挑戦!!

YTV

あの町この町評判家族

YTV

全日本歌謡選手権

19:30 NET

正義のシンボル コンドールマン

日テレ

三波伸介の家族そろって三つの歌

日テレ

特ダネ登場!?

日テレ

木曜スペシャル

日テレ

カックラキン大放送!!

日テレ

ハロー!スポーツ

日テレ

すばらしい世界旅行

20:00 NET

ビッグワイド60分

日テレ

伝七捕物帳

日テレ

俺たちの勲章

日テレ

太陽にほえろ!

日テレ

全日本プロレス中継

日テレ

おふくろさん

21:00 NET★

破れ傘刀舟悪人狩り

日テレ

剣と風と子守唄

NET

鬼平犯科帳

NET★

土曜映画劇場

NET

ザ★ゴリラ7

日テレ

ほおずきの唄

日テレ★

知られざる世界

21:30 NET★

日曜洋画劇場

22:00 NET

夢二幕情

日テレ

夏の影

NET

特別機動捜査隊

NET★

非情のライセンス

NET★

題名のない音楽会

22:30 YTV★

晩秋

社史・記念誌編集

  • ミヤギテレビ10年史(宮城テレビ放送10周年記念事業実行委員会社報編集委員会 編) 1980年発行、647ページ。
  • ミヤギテレビ20年のあゆみ(宮城テレビ放送社史編集委員会 編) 1991年発行、52ページ。
  • ミヤギテレビ30年のあゆみ(ミヤギテレビ開局30周年記念委員会総務広報小委員会 企画編集) 2000年10月発行、138ページ。

主な番組編集

自社制作番組編集

県域放送
全国放送

日本テレビ系列番組編集

制作局の表記のない番組は日本テレビ制作。

太字は同時ネット。

テレビ東京系列番組編集

その他・他制作局編集

終了した番組編集

自社製作番組編集

ニュース

テレビ東京系列番組編集

アニメ編集

その他編集

KHB開局まで放送していたNETテレビ(現:テレビ朝日)系列の番組編集

★印はVTRネット、無印は同時ネット、☆は先行ネット

ほか多数。

MTB・mm34時代にネットされていた日本テレビ系列の番組編集

◇の番組はMMTになってからもネット。☆は現在も放送中。

開局時に移行した番組編集

日本テレビ系列編集

仙台放送から
東北放送から

NETテレビ系列編集

東北放送から

★印は一時期仙台放送でも放送されていた番組

仙台放送から

アナウンサー編集

●はアナウンス部長経験者。 2019年4月現在

男性編集

女性編集

元アナウンサー(50音順)編集

男性編集

  • 吾妻秀謙●(1989年入社)
  • 沖津省己●(IBC岩手放送から1970年入社、民謡番組など担当[26]
  • 加藤智也(2008年 - 2019年3月在籍、同年4月より他部署へ異動[27]
  • 木村賢治(1991年入社、現:報道記者)
  • 日高充(現:テレビ東京所属、現在はアナウンサーではない)
  • 水本豊(1991年入社、現:大阪支社長)
  • 三雲茂晴●(1986年入社、2012年より報道制作局へ異動、報道制作局次長・情報センター長)
  • 竹鼻純(1972年入社、2008年定年退職後、2012年9月までミヤギテレビ解説委員、同年10月から2016年まではベガルタ仙台役員)
  • 安斎良勝(開局当時MTB時代に在籍、元アナウンサー、アナログ放送終了時の特別エンディングのナレーター担当)

女性編集

アナウンサー出身以外の歴代アナウンス部長編集

スタジオ編集

  • Uスタジオ
宮城県(東北)で、仙台放送についで2番目に大きいスタジオ。2005年12月1日地上デジタルテレビ放送の開始によりこのスタジオが地上デジタル放送対応になり、「OH!バンデス」で使われるようになった。2008年10月からは「月刊 元気一番"生"テレビ」のリモートサブにも使われていた。その前からも「ちょっとブレイクタイム」で使用していた。2010年4月からは「ミヤテレスタジアム」のセットも設置し、現在も使用している。
  • Jスタジオ
2005年11月30日まで「OH!バンデス」で使用していたスタジオ。地デジ開始後も「月刊 元気一番"生"テレビ」のリモートサブとしてしばらく使用されていた。現在は「ちょっとブレイクタイム」で使用されている。2009年11月29日放送の「おしゃれイズム」(ゲストは東北楽天岩隈久志投手)ではこのスタジオが使われたが、ハイビジョン放送設備が無いため標準画質での収録だった。
  • Nスタジオ
ミヤギテレビ情報センター(ニュースセンター)内にある報道専用のスタジオ。NNNミヤギテレビニュースミヤギnews every.を除く、全国ニュースのローカルパート部分で使用されている。

情報カメラ編集

送信所編集

デジタルテレビ

 
日本テレビ系列のリモコンキーID地図

コールサイン - JOMM-DTV コールネーム - ミヤギテレビデジタルテレビジョン リモコンキーID - 4

アナログテレビ 2012年3月31日停波

コールサイン - JOMM-TVコールネーム - ミヤギテレビ

完全移行以前に廃止されたアナログ中継局

  • 女川浦宿 45ch(2001年3月31日廃局)

脚注編集

注釈
  1. ^ ただし、箱根駅伝中継での制作協力クレジットは、「宮城テレビ」と表示される。
  2. ^ ただし、英文社名も含めれば仙台放送も社名に「Television」がつく(Sendai Television Incorporated)。
  3. ^ 略称に親局のアナログチャンネル番号を用いた放送局は、宮城テレビ放送の他に富山県富山テレビ放送(T34。後にBBT)や新潟県新潟テレビ21(NT21。後にUX)の例がある。
  4. ^ 例:「NNNミヤギテレビニュース」など。なお、1990年前後の一時期には「NNN MMTニュース」が使われていた。また、1996年頃までOPやEDでは「MTB」が、使われていた。
  5. ^ 系列局では、日本テレビ放送網日本海テレビジョン放送の支社も入居。
  6. ^ 宮城テレビ放送 社外取締役
  7. ^ a b 宮城テレビ放送 代表取締役社長
  8. ^ a b c d e f g 宮城テレビ放送 非常勤取締役
  9. ^ a b 宮城テレビ放送 専務取締役
  10. ^ 宮城テレビ放送 監査役
  11. ^ 宮城テレビ放送 取締役副社長
  12. ^ 宮城テレビ放送 代表取締役会長
  13. ^ 広島ホームテレビと同日の開局。広島県も先発2局がVHF局。同じく先発2局がVHF局エリアにある北海道テレビ放送は1968年(昭和43年)11月開局。
  14. ^ 系列局側でクレジットを出す場合は「ミヤギテレビ」表記を使用する例がある。実例として、2016年(平成28年)6月11日のプロ野球「楽天 vs 広島」を広島テレビとの2局ネットで中継した際、実況と映像は同時ネットしたが、テロップ類は両社で別々に表示したためか、広島テレビ側では「ミヤギテレビ」のロゴを使用した(前年に広島主催の同カード中継した際はの制作協力クレジットは「ミヤテレ」のロゴ表記だった)。また、自社でも「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」の大会ロゴやニュースサイトなどでは引き続き「ミヤギテレビ」のロゴを使用している。
  15. ^ なお、ミテは、ミヤギテレビの公式サイトで当面の間見ることができた。
  16. ^ 山梨放送北日本放送福井放送四国放送高知放送テレビ大分を除く
  17. ^ 2020年度は新型コロナウイルス感染予防への対応で休止の為、本来の最終日には特別編を放送。
  18. ^ 日本テレビと同時刻だが遅れネット。
  19. ^ 内容により放送時間は異なる。
  20. ^ なおNTV版『キユーピー3分クッキング』はMTB開局後も引き続き仙台放送でネットされたが1975年6月28日をもって終了。のちにtbcで自社製作版がスタートしている(現在tbcではCBC版が放送中)。
  21. ^ 育児休暇中であった安斎の穴埋めとなるべく契約アナとして入社。当初は安斎の育休期間内の穴埋め勤務だったが安斎が2011年4月に仕事復帰した。しかし、2010年10月に深井が産休・育休期間に入ってしまったため、2012年3月まで勤務した。
出典
  1. ^ a b c d e f 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2022』コーケン出版、2022年11月30日、265頁。 
  2. ^ a b c 株式会社宮城テレビ放送 第53期決算公告
  3. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 地上系放送事業者 - 総務省電波利用ホームページ
  4. ^ ”株式会社宮城テレビ放送”. “おすすめテレビ|MMT ミヤギテレビ”. MMT ミヤギテレビ. 2022年4月6日閲覧。
  5. ^ 宮城テレビ放送/有効活用の検討へ/仙台市泉中央に用地取得/仙台市地下鉄泉中央駅東側の約6100㎡”. みやぎ建設新聞 (2021年11月5日). 2021年11月8日閲覧。
  6. ^ @iketerubouzu (2021年11月8日). "【お知らせ】" (ツイート). Twitterより2021年11月8日閲覧
  7. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2015年12月10日、258頁。 
  8. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、128頁。 
  9. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、191頁。 
  10. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、196頁。 
  11. ^ ミヤギテレビ開局30周年記念委員会総務広報小委員会 企画・編集 『ミヤギテレビ30年のあゆみ』宮城テレビ放送、2000年、34,130頁。 
  12. ^ “番組表”. 河北新報. (1975年9月) 
  13. ^ 福島民報』1977年1月9日付朝刊、テレビ欄。
  14. ^ 『福島民報』1978年12月16日付朝刊、テレビ欄。
  15. ^ 『福島民報』1979年12月1日付朝刊、テレビ欄。
  16. ^ 『福島民報』1979年12月23日付朝刊、テレビ欄。
  17. ^ 『福島民報』1981年4月25日付朝刊、テレビ欄。
  18. ^ 『福島民報』1981年7月25日付朝刊、テレビ欄。
  19. ^ 『福島民報』1983年2月11日付朝刊、テレビ欄。
  20. ^ 『福島民報』1983年10月8日付朝刊、テレビ欄。
  21. ^ 『福島民報』1985年3月17日付朝刊、テレビ欄。
  22. ^ 『福島民報』1991年4月16日付朝刊、テレビ欄。
  23. ^ 『福島民報』1992年4月28日付朝刊、テレビ欄。
  24. ^ 『福島民報』1993年4月6日付朝刊、テレビ欄。
  25. ^ 河北新報マイクロフィルム1970年10月分のテレビ欄で確認。
  26. ^ ラジオ石巻・FM764のつぶやき(1) 民謡の魅力を伝えて
  27. ^ a b 「旅立ちと出会いの春」
  28. ^ 「いつも応援してくださる皆様へ」
  29. ^ 黒沼真里 - ぐっどもーにんぐ
  30. ^ 藤村由紀子 - ぐっどもーにんぐ
  31. ^ http://www.mmt-tv.co.jp/mmttower/

外部リンク編集

過去