東日本放送

宮城県のテレビ朝日系列局

株式会社東日本放送(ひがしにっぽんほうそう、: HIGASHI NIPPON BROADCASTING Co.,Ltd.)は、宮城県放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。

株式会社東日本放送
HIGASHI NIPPON BROADCASTING Co.,Ltd.
Khb logo 2021.svg
Khb headoffice202201.jpg
太白区あすと長町の本社屋
種類 株式会社
略称 khb
本社所在地 日本の旗 日本
982-8505
宮城県仙台市太白区あすと長町1丁目3番15号
設立 1974年昭和49年)10月30日
業種 情報・通信業
法人番号 6370001009980 ウィキデータを編集
事業内容 テレビジョン放送(テレビ朝日系列)
代表者 代表取締役社長 佐藤吉雄
資本金 10億円
売上高 57億6000万円(2021年03月31日時点)[1]
営業利益 2億5800万円(2021年03月31日時点)[1]
経常利益 2億7400万円(2021年03月31日時点)[1]
純利益 5200万円(2021年03月31日時点)[1]
純資産 94億9700万円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 129億3800万円(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 97名
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 テレビ朝日ホールディングス 27.0%
朝日新聞社 20.0%
(2019年4月1日時点)[2]
主要子会社 khb開発株式会社
関係する人物 石森令一(番組審議会委員)
外部リンク https://www.khb-tv.co.jp/
テンプレートを表示
東日本放送
英名 HIGASHI NIPPON BROADCASTING Co.,Ltd.
放送対象地域 宮城県
ニュース系列 ANN
番組供給系列 テレビ朝日ネットワーク
略称 khb
愛称 khb
khb東日本放送
呼出符号 JOEM-DTV
呼出名称 ひがしにっぽんほうそう
デジタルテレビジョン
開局日 1975年10月1日
本社 982-8505
宮城県仙台市太白区あすと長町1丁目3番15号
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 5
デジタル親局 仙台 28ch
アナログ親局 仙台 32ch
ガイドチャンネル 32ch
主なデジタル中継局 涌谷 28ch
主なアナログ中継局 石巻 61ch
気仙沼 43ch
白石 38ch
柴田船迫 39ch
ほか
公式サイト https://www.khb-tv.co.jp/
テンプレートを表示

略称はkhbK.K Higashinippon Broadcastingから)。コールサインJOEM-DTV(仙台 28ch)。本社は仙台市太白区にある。

ANN系列のフルネット局で、リモコンキーIDはキー局のテレビ朝日と同じ「5」。

概要編集

宮城県内最後発の民放テレビ局でもあり、準キー局である毎日放送朝日放送との腸捻転解消後のNETテレビ(テレビ朝日)系列の系列局としては初であり、NETテレビ時代に開局させたフルネット局としては、khbが最後の開局となった[注釈 1]

「北東西南」につく「〇日本放送」がつく民間の放送局は同局、北日本放送富山県日本テレビ系列)、西日本放送岡山県香川県、日本テレビ系列)、南日本放送鹿児島県TBS系列)がある。同局以外の3つの放送局はいずれもラジオ・テレビ兼営局(ラジオはいずれも3局ともJRNNRN系列)で、「北東西南」につく「〇日本放送」がつく民間の放送局は同局は唯一のテレビ単営局だけである。

さらに、東北地方におけるテレビ朝日系列の基幹局でもある。東北六県(一部は新潟県も含む)のテレビ朝日系列局に向けても番組を多く制作・発信し、強いリーダーシップを発揮している。特に2021年9月に太白区あすと長町の社屋が操業を開始した際に、東北の他の五県の系列全局の支社を長町の社屋に移転・集約し、結びつきをさらに深めている。在仙局の中でブロックネット番組を最も多く制作している局で、年に1回のペースで、全国ネットの特別番組を制作している。2006年には、開局30周年記念番組である『遥かなるオイスターロードの旅』が2月5日に放送された。

本社のロビーは、ローカル局としては充実しているロビーである。番組ポスター、カフェまでもあり、タイムテーブルなどのパンフレットももらうことが出来る。

2005年度は、開局30周年記念事業として、「プリーズ!KHB」というプロジェクトを実施。東北の視聴者から願い事を募集し、KHB2代目本社ロビーに設置した「願い事ツリー」に飾られた。願い事は、KHBロビーで、自筆で書くこともでき、局の公式サイトでもメールで願い事を募集し、その願い事が採用されればKHB社員が書いてくれる、という方法もとっていた。また、2005年9月3日には開局記念番組『10時間生放送!!とどけ!みんなの願い地球の願い』を放送した。

2009年10月1日から、2010年の開局35周年に向けた新キャッチフレーズ「いいことつなごう KHB」を採用。

2021年10月1日から、前述の新社屋移転に伴い、略称表記を英文小文字の「khb」とし、新キャッチフレーズ「あすとつながるミテケロ 5ch」を採用。

東北地方のテレビ朝日系列局では、初めて略称表記を英文小文字化した。同系は英文小文字の略称表記を行う局が他系列よりも多く長野朝日放送(abn)、山口朝日放送(yab)、愛媛朝日テレビ(eat)、長崎文化放送(ncc)がありkhbは5局目にあたる。また略称ではないがキー局のテレビ朝日も英文小文字を採用している。

仙台市太白区に本社演奏所を置く民放は、東北放送(TBC)以来通算3局目(コミュニティFM局エフエムたいはくは除く)となった。同区には、仙台放送(OX)も2004年まで本社、演奏所を置いていた。

本社・演奏所編集

  • 長町駅周辺の再開発地区に所在。仙台市立病院ゼビオアリーナ仙台などが近隣にある。
  • コンサルティングは三井不動産[3]
  • 2016年3月8日に社屋移転が発表[4]。2021年2月5日に竣工し、9月20日に移転し放送開始。
  • 2021年9月30日には、新しいロゴマークお披露目も兼ねた新社屋落成式典が行われ、式典には村井嘉浩知事・郡和子仙台市長[注釈 2]が招かれた[5]
  • 社屋1階には、「ぐりりカフェ」や178席収容の「ぐりりホール」。2階から4階の階までカーテンウォールで突き出した「コラボ階段」、屋上テラスが設けられている[5][6]。また、建物上部には上昇気流をイメージした捻ったデザインの送信用鉄塔がある[5][6]

かつて存在した施設編集

  • 初代社屋(宮城県仙台市青葉区上杉2丁目502) - 1975年~1991年9月
  • 愛宕上杉通り側に所在し、勝山企業が営む勝山酒造、勝山ボウル、勝山スケーティングクラブと隣接。本社屋上には、送信所や中継局などへと向けた電波送受信用の大きな鉄塔が設置されていた。
  • 1991年9月に双葉ヶ丘に社屋・演奏所機能を移転した後は、「KHB別館」となったが、後に解体。それからしばらくは上記施設の有料駐車場となっていた。2011年の東日本大震災と同敷地内の再開発で勝山ボウル自体が閉鎖・解体[7]。跡地は、2022年3月に竣工予定の三井不動産のマンション「シティテラス上杉」敷地内の一部となる。
  • 斜め向かいには、2004年に仙台放送の本社・演奏所が太白区茂ヶ崎から移転している。
  • 2代目社屋(宮城県仙台市青葉区双葉ヶ丘2丁目9番1号) - 1991年9月~2021年9月
  • 1990年6月29日起工[8]、1991年9月23日に青葉区上杉から移転。
  • 1階の玄関ロビーはガラス張りになっており、喫茶店も併設[9]。ロビー自体はスタジオとしても使用されていた。
  • 大通りに面しておらず、丘陵地帯の住宅街の間を縫う形で建てられていた。真裏には東北生活文化大学の校舎等があったが、そちらは泉区にあたる。
  • 営業センター・KHBプラザ(宮城県仙台市青葉区本町2丁目15番1号 ルナール仙台1F)
  • 本社が中心部から離れた双葉ヶ丘に置かれていたため、本社営業拠点とグッズ物販の施設を兼ねていた。
  • 2021年9月20日に仙台市太白区あすと長町に新社屋に移転することに伴い、先行して9月3日をもって閉鎖され、新社屋に移転・統合された。

支局編集

  • 気仙沼支局 - 〒988-0085 宮城県気仙沼市三日町1丁目1

支社編集

施設内関連会社編集

  • ケー・エイチ・ビー開発(khb開発)
  • 東北朝日プロダクション:一部の番組の制作。本社内に事務所設置。
  • トラストネットワーク仙台事業部:上記同様。本社、コンテンツセンター内に設置。

情報カメラ編集

現在編集

過去編集

  • 双葉ヶ丘本社 - 本社屋上の鉄塔突端に置かれ、青葉区丘陵部の住宅街越しに仙台の中心部を望む。本社の情報カメラで撮影した夜景が放送終了時のクロージングで使われたことがある。
  • 勾当台公園(三井アーバンホテル仙台→ホテルコムズ仙台屋上) - 同局が実名で登場した映画『ゴールデンスランバー』でも大詰めの場面で使われた。東日本大震災でビルが全壊し、現在の場所に移設した。

ロゴマーク編集

初代ロゴマーク(開局~2021年9月30日)編集

  • ロゴマークの配色は、社章ロゴマークはのみだったが、略称ロゴマークは赤か青緑のいずれかを使用していた。
  • 2021年9月21日の社屋移転から9月30日まで、10月1日のロゴマーク全面変更に合わせるため、対外向けや放送上では継続して使用していた[注釈 3]。このため、9月30日まであすと長町の社屋壁面にはロゴマークの看板は一切掲げられていなかった。

2代目ロゴマーク(2021年10月1日~)編集

  • デザインは乃村工藝社(アートディレクター・鈴木不二絵)が担当[10]
  • 略称も大文字(「KHB」)から小文字(「khb」)へ変更。同時に「khb5」とし、リモコンキーID「5」を全面に推し出した。

マスコットキャラクター編集

  • 地元宮城県の出身で漫画家のいがらしみきおによるデザインのぐりりを採用。khbが1990年から行ってきたグリーンキャンペーンのキャラクター「ぐりりん」の子という設定というものである[11][12]
  • 2021年10月1日のロゴマーク変更と同時に、ロゴマークを手掛けた乃村工藝社によりキャラクターデザインが変更[10]

送信所一覧編集

地上デジタル放送編集

 
テレビ朝日系列のリモコンキーID地図

地上アナログ放送編集

2012年3月31日停波

1975年10月1日の本放送開始と同時に開局した中継局は●を付けている[14]

  • 仙台 32ch JOEM-TV 30kw

在仙民放では最後発であるが、中継局未設置は白石越河羽出庭大張の3局のみ(アナログ放送のみ。デジタル放送は3局ともデジタル新局として設置された)と先発局との設置数の差は比較的少なかった。

廃止されたテレビ中継局編集

完全停波以前に廃止された中継局に限りこちらに参照

  • 女川浦宿 47ch(2001年3月31日廃局)

資本構成編集

企業・団体は当時の名称。出典:[15][16][17][18][19][20]

2021年3月31日編集

資本金 発行済株式総数 株主数
10億円 2,000,000株 20
株主 株式数 比率
テレビ朝日HD 540,000株 27.00%
朝日新聞社 400,000株 20.00%
宮城県 200,000株 10.00%
宮城商事 175,000株 08.75%
河北新報社 120,000株 06.00%
七十七銀行 100,000株 05.00%
仙台銀行 100,000株 05.00%
日本経済新聞社 100,000株 05.00%
三井住友銀行 50,000株 02.50%
東北電力 50,000株 02.50%

過去の資本構成編集

沿革編集

  • 1976年(昭和51年):「新・二人の事件簿 暁に駆ける」(ABC制作、当時のフルネット局8局共同制作)の仙台ロケに制作協力(三浦友和が犯人役でゲスト出演)
  • 1983年(昭和58年):「西部警察 PART-III」32話・33話の仙台ロケ制作協力。
  • 1985年(昭和60年)9月:開局10周年記念で、仙台市から「徹子の部屋」の公開収録実施。放送は9月30日から10月4日まで[22]。ゲストは、菅原文太野際陽子中村雅俊中尾ミエさとう宗幸[22]
  • 1990年(平成2年):グリーンキャンペーンを開始[注釈 6]。キャンペーンのマスコットキャラクターとして、「ぐりりん」を採用。
  • 1990年(平成2年)6月29日 - 青葉区双葉ヶ丘の社屋起工[8]
  • 1991年(平成3年)9月23日:本社・演奏所が青葉区上杉二丁目から青葉区双葉ヶ丘へ移転。音声多重放送開始[注釈 7]
  • 2000年(平成12年):局のイメージキャラクターとして「ぐりり」を採用。
  • 2003年(平成15年)2月5日NHK仙台放送局東北放送と共同建設した送信所から送信開始。
  • 2005年(平成17年)12月1日:「突撃!ナマイキTV」を15分間中断し、宮城県庁で行われた地上デジタル放送開始記念式典の中継(NHK仙台放送局及び宮城県内民放テレビ各局の共同制作)を行う。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月11日地上デジタルテレビジョン放送対応の主調整室(マスター)設備に更新(NEC製)。
    • 5月1日:地上デジタルテレビジョン放送のサービス放送を開始(試験電波は、テストパターン→「宮城の風景」→「週刊ぐりり絵本(第40〜43話をまとめたもの)」という約53分の内容を繰り返し送信。2005年12月1日より前から実施されていた。サービス放送開始後も深夜の時間帯は、この試験電波が送信された)。
    • 6月18日:地上デジタルテレビジョン放送を開始(宮城県の他のテレビ局は2005年12月1日に開始したため、最後発となる)ワンセグも同時開始。
  • 2007年(平成19年)4月:KHBニュース以外でもハイビジョン制作の番組増加。一部自社制作番組で字幕放送・データ放送を開始。
  • 2009年(平成21年)1月12日:地上デジタル放送及びワンセグでウォーターマークの表示を開始。
  • 2011年(平成23年)3月11日東日本大震災発生。気仙沼支局の建物及び、仙台空港に駐機中であった取材ヘリがそれぞれ津波により被災し使用不能に。また本社も地震による停電後直ちに自家発電に移行したものの、自家発電機器のトラブルにより主調整室(マスター)への電源供給が絶たれ、アナログ・デジタルの双方で一時完全に停波した。また、一時停波中テレビ朝日への情報発信は本局舎前に設置されていた山形テレビ(YTS)のSNG車経由で行われた。後の調査で、自家発電機器の重油燃料タンクに沈殿した塵が地震動により撹拌され、給油口のフィルターが目詰りをおこし、燃料供給が滞ったことが原因であることが分かった。
  • 2012年(平成24年)3月31日 :東日本大震災発生により延期されたアナログテレビ放送が終了。この日は夕方に全国放送された「スーパーJチャンネル」で当局内のマスター室内で撮影したブルーバック画面に切り替わったおしらせの映像およびデジタル放送の通常番組(テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」)の放送映像を映し出している様子がニュース素材として放送された。また、この日は広瀬道貞民放連会長も当局を視察し、アナログ放送終了の様子を見守っていた。
  • 2015年(平成27年)開局40周年記念事業として、初めて劇場映画を松竹と共同で製作することを発表。監督は中村義洋、原作は磯田道史の『穀田屋十三郎』を題材にした『殿、利息でござる!』として2016年春に公開[23]
  • 2017年(平成29年)3月テレビ朝日ホールディングスによる持分法適用関連会社化(福島放送静岡朝日テレビも同様)[24]
  • 2021年(令和3年)
 
移転当初のあすと長町社屋外観
    • 9月20日:本社・演奏所を青葉区双葉ヶ丘から太白区あすと長町1丁目へ移転。同時に主調整室(マスター)設備を更新。(NEC製)また、気象システムも日本気象協会からウェザーニューズに変更された。
    • 10月1日:あすと長町への社屋移転が完了。同時にロゴマークを小文字の「khb」に変更すると共にぐりりのデザインを一新[5][10]

ネットワークの移り変わり編集

ANN系列の変遷編集

元来、宮城県のNETテレビ[注釈 8]系列局は、1970年開局の宮城テレビ(MTB[注釈 9])であった。当時、朝日新聞社が全国朝日系テレビネットワークを構築すべく、全国各地にUHF新局の開局申請を行い、その結果他系列と相乗りになる形で、曲がりなりにも朝日系のテレビ局が開局した。宮城テレビも読売新聞毎日新聞等の相乗りながら、一応は朝日系のテレビ局としてANNにも加盟していた(MTBには朝日新聞・テレビ朝日との資本関係はない)。

しかし、宮城テレビはその後、視聴率が良かった日本テレビ系列の番組に傾斜することとなり、編成から外れたNET系番組は先発VHF局の東北放送(TBC)や仙台放送(OX)でも相当数が放送された。一方で新たにUHF局が免許される可能性が出て来たため、朝日系としては新局開局に注力することになった。こうして1975年に、KHBが開局したのと同時に、宮城テレビは日本テレビ系列に一本化された[25]

主な番組編集

現在放送中の自社制作番組編集

ブロックネット
  • 現在なし
県域放送

ANN系列遅れネット放送編集

※特に表記のないものはテレビ朝日制作。

現在放送中の他系列番組編集

テレビ東京系列編集

再放送枠編集

その他編集

  • Dr.石原のタウンビューティードリーム(第3木曜18:55〜19:00)

過去に放送されていた自社制作番組編集

夕方帯
東北+新潟のANN系列ブロックネット
東北地方のANN系列ブロックネット
深夜番組
広報番組
  • おはようみやぎ 大好き!こどもTV(宮城県広報番組 1977年7月-1993年3月)
  • みやぎこどもステーション(宮城県広報番組、1993年4月-1998年3月)
  • タッチ・ザ・みやぎ(宮城県広報番組、1998年4月-1999年3月)
  • アンの風にのって(宮城県広報番組、1999年4月-2001年3月)
  • みやぎ情報クリップ(宮城県広報番組、2001年4月-2003年3月)
  • 仙台市だより(仙台市広報番組、1980年4月-1986年6月)
  • せんだい555(仙台市広報番組、1986年7月-1998年3月)
  • せんだい自由時間(仙台市広報番組、1998年4月-2000年3月)
  • 東北大学の新世紀(毎月第3月曜日23:10-23:15 ※東北大学との共同制作によるミニ番組)※データ放送
  • イシなび
そのほかの番組
  • ハッピーフライデイKHB
  • ザ・howジング
  • つり天狗とびある記(「週末釣り倶楽部」の前身)
  • 本間ちゃんのガスで生活向上委員会
  • オー!エル百物語(日曜12時から放送。テレビ朝日で放送されていたOH!エルくらぶとは無関係)
  • CHALLENGE 燃えよ!EAGLES
  • ベガchan!
  • 未知ノ国守ダッチャー(金曜18:55-19:00)
  • ナマイキサタデー(土曜9:30-10:25)
  • 40Colors
  • 立ち上がろう!宮城のチカラ(月曜-水曜スーパーJチャンネル内で放送、再放送土曜5:35-5:50)
  • なるほどマンション.COM(不定期 土曜9:45-10:40)
  • KHB NEWS(月曜-金曜19:54-20:00 朝・正午前を除く時間帯にANNニュースを放送する場合は「〜ANN〜」が付く)※HD
特別番組
特記事項のあるもの以外は全国ネット。

過去に放送されていた他系列の番組編集

再放送扱い編集

過去に放送されていたテレビ東京番組編集

バラエティ・情報
アニメ
特撮
子供向け
ドラマ

旧本社時代の主なネット番組編集

上杉時代(1975年10月1日〜1991年9月22日)編集

★の番組は本社が双葉ヶ丘に移転した後もしばらくネットされていたもの。また、☆の番組については現在も放送中。

双葉ヶ丘末期~あすと長町移転(2021年9月19日まで)編集

★の番組は双葉ヶ丘末期に開始したもの。また、■の番組はあすと長町移転後に終了、☆の番組については現在も放送中。

アナウンサー編集

男性編集

女性編集

元アナウンサー編集

男性編集

女性編集

恒例の主催イベント編集

東日本大震災による番組編成編集

その他編集

  • 社内・外含め“ひがしにほんほうそう”と呼ぶ人が多い。
  • 毎年、夏の高校野球宮城大会の中継をしている。以前は1回戦からの中継だったがここ数年は開会式とベスト16(4回戦)からの中継のケースが多く2008年からは開会式と準々決勝からの中継と年々、放送規模が縮小。かつ、2009年以降はABCが制作する本大会宮城代表試合のネット受けをやめている。(開会式と決勝は通常通りネット受け)
  • 金曜の深夜にアダルト系のVシネマを放送したことがある[注釈 16]
  • 2003年から2005年にかけて、韓国ドラマを独自に放送していた。2003年といえば、NHKが衛星放送で冬のソナタを放送していた時期で、本格的な韓流ブームの前であった。最初に放送された「真実」(主演:チェ・ジウ)は、宮城と北海道のみの放送という極めて珍しいケースであった。
  • スーパーJチャンネルは2006年4月より2009年9月まで16:54からの放送開始となっていた。祝日は番組編成に変更はないが、16:54〜17:00にミニ番組を放送するため、17:00からの放送となっていた(2009年10月以降は平日も17:00からの放送となっている)。
  • 2010年1月に公開された映画「ゴールデンスランバー」において、劇中でのローカルニュースにおいて同社のスタジオが使用され、同社アナウンサーが劇中の架空ニュースを読み上げるシーンがあるほか、主人公が自身の無実を公に伝えるため、テレビ番組へ出演しようとするシーン[注釈 17] において、同社の中継車や機材が使用されている。
  • 長町新社屋の近隣にはコミュニティFM局エフエムたいはく」があり、2021年の新社屋移転に合わせて当局アナが出演する広報番組の放送や、エムエムたいはくの生番組・収録番組等に当局アナがゲスト出演する等の広報活動を行っている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1978年7月1日開局の静岡朝日テレビ(当時の静岡けんみんテレビ)以降は、テレビ朝日系列局として開局。ただし、開局当初は日本テレビ・テレビ朝日とのクロスネット局。
  2. ^ 元・東北放送アナウンサー
  3. ^ あすと長町社屋のニューススタジオセットに掲げられていた略称のロゴマークも、2021年9月21日から9月30日のみ初代ロゴマークを使用。10月1日以降は、2代目のロゴマークに差し替え。
  4. ^ 変換前は28ch、開局時は50ch。
  5. ^ テレビ朝日グループ
  6. ^ テレビ朝日系列局では、名古屋テレビ放送も同様のキャンペーンを実施していた。
  7. ^ 在仙局の音声多重放送開始は最後発で、隣県のANN系列の福島放送(KFB)より10年遅い開始であった。
  8. ^ 現:テレビ朝日
  9. ^ 現在のミヤギテレビ(MMT・ミヤテレ)。
  10. ^ ビーストウォーズII」から「カーロボット」までと「プライム」は仙台放送で放送。
  11. ^ 他のシリーズは県内未放送。
  12. ^ 2007年11月ネット開始。ネット開始当初は1時間の放送で、TXNの系列外では唯一のネット局だった。その後、2009年4月に30分の短縮版で系列外ネットが大幅に拡大し、KHBでの放送も30分の短縮版になった。
  13. ^ 平日ローカル枠は『KHBニュースチャンネル』→『あなCue!ニュース』→『スーパーJチャンネルみやぎ』→★『チャージ!』。
  14. ^ 緒形拳主演版(ABC制作)は上杉時代に放送された。
  15. ^ 必殺仕事人2009』はSP・連続ドラマ両方で放送された。
  16. ^ オリジナルビデオ(アニメも含む)を放送した例はチューリップテレビテレビユー福島サガテレビ独立UHF局毎日放送などにも見られる。
  17. ^ ディレクター役として、お笑いコンビTKOの木下隆行が出演している。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 株式会社東日本放送 第47期決算公告
  2. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 地上系放送事業者 - 総務省電波利用ホームページ
  3. ^ あすと長町への本社移転計画推進のため、移転先候補地の売買契約を締結”. 東日本放送 (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  4. ^ <東日本放送>あすと長町へ本社移転 - 河北新報”. 河北新報 (2016年3月9日). 2016年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  5. ^ a b c d 「KHB東日本放送の新社屋落成式典 挑戦心示す新ロゴマークも披露」”. 日刊スポーツ. 2021年11月6日閲覧。
  6. ^ a b 会社概要”. 東日本放送. 2021年11月6日閲覧。
  7. ^ 河北新報 2012年4月5日 ″スーパー西友・仙台勝山公園店が6月閉店、再開発計画の一環”より
  8. ^ a b 「東日本放送の社屋が起工」『建設通信新聞』(日刊建設通信新聞社)、1990年7月2日、朝刊5面。
  9. ^ だてらぼ「KHB東日本放送が2021年秋に移転!なぜ移転?なぜあすと長町?全部聞いてきた」”. 幸谷亮. 2021年11月6日閲覧。
  10. ^ a b c 「乃村工藝社が、東日本放送のCIデザイン開発・ブランディングを担当 2021年9月30日 新社屋落成記念式典で発表」(2021年10月1日)”. 乃村工藝社. 2021年11月6日閲覧。
  11. ^ ●貴方の疑問にお答えします●”. KHB東日本放送 (1998年12月2日). 2000年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月30日閲覧。
  12. ^ guririn.gif (145×139)”. KHB東日本放送. 2000年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月30日閲覧。
  13. ^ Wayback Machine”. web.archive.org. 2022年5月18日閲覧。
  14. ^ a b 日本民間放送連盟(編) 『日本放送年鑑'76』 巴出版社、1976年、24頁。 
  15. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、259頁。
  16. ^ 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、130頁。
  17. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、193頁。
  18. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、198頁。
  19. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2009』コーケン出版、2009年11月27日。
  20. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、238頁。
  21. ^ 「郵政省が予備免許」『朝日新聞』東京本社版(朝日新聞社)、1974年9月28日、22面。
  22. ^ a b 「徹子の部屋 久々の公開録画 盛況」『朝日新聞』東京本社版夕刊(朝日新聞社)、1985年9月26日、17面(1985年9月朝日新聞縮刷版1031頁)。
  23. ^ 東日本放送、松竹と初タッグ 中村義洋監督メガホンで「穀田屋十三郎」を映画化 : 映画ニュース - 映画.com”. 映画.com (2015年4月6日). 2015年4月6日閲覧。
  24. ^ 株式の取得(持分法適用関連会社化)に関するお知らせ,テレビ朝日ホールディングス,2017年2月7日
  25. ^ ミヤギテレビ開局30周年記念委員会総務広報小委員会 企画・編集 『ミヤギテレビ30年のあゆみ』 宮城テレビ放送、2000年、35頁。 
  26. ^ 『福島民報』1975年7月27日 - 9月28日付朝刊、テレビ欄。
  27. ^ 元アナウンサー盗撮逮捕、女子高生のスカート内 - ウェイバックマシン(2004年12月14日アーカイブ分)ZAKZAK(産経デジタル)2004年12月14日付
  28. ^ a b テレビ朝日アスク 入社・内定情報 2013年入社 Archived 2013年3月22日, at the Wayback Machine. 2013年4月13日閲覧。
  29. ^ 第36回KHBフリーマーケット
  30. ^ KHB主催のフリーマーケットに300店-13万人以上が来場か(仙台経済新聞)
  31. ^ KHBまつり Archived 2014年3月20日, at the Wayback Machine.(東日本放送)
  32. ^ (株)東日本放送”. マイナビ2016. 2015年5月29日閲覧。
  33. ^ 第32回松島ハーフマラソン大会

外部リンク編集