メインメニューを開く

東 大作(ひがし だいさく、1969年 - )は、日本の国際政治学者、上智大学教授。 東京生まれ。1993年東北大学経済学部卒、NHK入社、ディレクターとして、NHKスペシャル「我々はなぜ戦争をしたのか?ベトナム戦争・敵との対話」(放送文化基金賞)、「イラク復興 国連の苦闘」(世界国連記者協会・銀賞)などを企画・制作。2004年退職し、カナダのブリティッシュコロンビア大学へ留学、大学院で国際関係論を専攻、2012年博士号取得。2009年12月より、カブールの国連アフガニスタン支援ミッション国連政務官(和解再統合リームリーダー)として勤務。2011年1月より東京大学総合文化研究科准教授。2012年8月‐2014年8月、東大と外務省による人事交流で、ニューヨークの国連日本政府代表部に和平調停、平和構築担当の公使参事官として勤務。2014年8月に東京大学准教授復職。2016年4月、上智大学グローバル教育センター(国際関係研究所兼務)に着任、現在上智大学国際協力人材育成センター副所長も務める。[1]

著書編集

  • 『人間の安全保障と平和構築』 (日本評論社 2017)
  • Challenges of Constructing Legitimacy in Peacebuilding: Afghanistan, Iraq, Sierra Leone, and East Timor (Routledge 2015)
  • 『平和構築 アフガン、東ティモールの現場から』 (岩波新書 2009)
  • 『犯罪被害者の声が聞こえますか』 (講談社 2006 のち新潮文庫 2008)
  • 『我々はなぜ戦争をしたのか 米国・ベトナム敵との対話』(岩波書店 2000 のち平凡社ライブラリー2010)
  • 『縛らぬ介護』(葦書房 2001)

脚注編集