メインメニューを開く

東大外羽村

東大外羽村(ひがしおおとばむら)は、かつて岐阜県安八郡にあったである。

東大外羽村
廃止日 1897年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 大垣市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
安八郡
東大外羽村役場
所在地 岐阜県安八郡東大外羽村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の大垣市南西部(大外羽)に該当し、杭瀬川沿いに位置する。

東大外羽村発足時は多芸郡の村であったが、安八郡に移動している。

目次

歴史編集

  • 1871年(明治4年) - 東大外羽村と西大外羽村が合併し、大外羽村となる。
  • 1882年(明治15年) - 大外羽村が分割され、東大外羽村と西大外羽村となる。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 町村制により、東大外羽村が発足。
  • 1897年(明治30年)4月1日[1] - 多芸郡の分割により、多芸島村、上笠村、西大外羽村、高淵村とともに安八郡に編入される。残りは上石津郡と合併して養老郡となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 多芸島村、上笠村西大外羽村高淵村と、南杭瀬村の一部(旧・友江村)が合併し、改めて多芸島村が発足。同日東大外羽村廃止。旧・東大外羽村は、多芸島村大字大外羽となる。

脚注編集

  1. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。
  • 『岐阜県町村合併史』1961年。

関連項目編集