東宝サウンドスタジオ

東宝ダビングから転送)
阪急阪神東宝グループ > 東宝 > 東宝スタジオ > 東宝サウンドスタジオ

東宝サウンドスタジオ(とうほうサウンドスタジオ)は、1957年から2010年まで東宝スタジオ内に存在した映画テレビドラマの録音スタジオ業務・音響効果制作等を手がける東宝系列の企業である。

概要・沿革 編集

1957年9月12日に東宝撮影所内のダビングビル・東宝ダビングが始まりで、東宝映画の音響業務を中心に担当。1971年4月、合理化に着手する為に企業分離し、名前を「東宝録音センター」とする。東宝以外の一般映画やアニメも担当。1977年2月に東京映画の移転により、同映像部を吸収。1990年代に入り東宝映像サウンドスタジオと合併、「東宝サウンドクリエイティブスタジオ」へと改組し、その後、分かり易く「東宝サウンドスタジオ」と改名。2003年にミキシング卓などを修正。2010年9月に東宝ポストプロダクションセンター第1棟が完成し機能を全てそこに移転し役目を終える。建物は改装され2011年に部屋の構成を変更したポストプロダクションセンター第2棟としてリニューアルオープン[1]。2016年に音響を刷新、2022年9月にはコンソールにAvid S6を導入し現在に至っている[2]

所属スタッフ 編集

参考文献 編集

  • 井上英之『検証・ゴジラ誕生―昭和29年・東宝撮影所』朝日ソノラマ、1994年9月。ASIN 4257033940ISBN 4-257-03394-0NCID BN12470018OCLC 674265346国立国会図書館書誌ID:000002360098 
  • 佐藤忠男 編『日本の映画人―日本映画の創造者たち』日外アソシエーツ、2007年6月、452頁。ASIN 4816920358ISBN 978-4-8169-2035-6NCID BA8226607XOCLC 1006959295国立国会図書館書誌ID:000008717455 

脚注 編集