路 登美
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 大宝2年10月1日702年10月26日
別名 跡見、迹見
官位 従四位下春宮大夫
主君 天武天皇持統天皇文武天皇
氏族 路公 → 真人
父母 父:石川王、母:不詳
兄弟 守山中野、登美
不詳
大人麻呂虫麻呂野上
テンプレートを表示

路 登美(みち の とみ、? - 大宝2年10月1日702年10月26日))は、飛鳥時代貴族。名は跡見迹見とも記される。は公のち真人吉備大宰石川王の子。官位従四位下春宮大夫

経歴編集

天武天皇13年(684年八色の姓の制定により、路公姓から路真人姓に改姓する。天武天皇14年(685年)各地の国司郡司および百姓の消息を巡察するために各道に使者が派遣された際、登美は南海道の使者(巡察使)となった(この時の冠位は直広参)。持統天皇元年(687年新羅が王子・金霜林ら使節を派遣してきた際、使節を饗する勅使を務める。

持統天皇11年(697年)2月に軽皇子が立太子すると登美は春宮大夫に任ぜられるが、同年8月に持統天皇の譲位を受けて皇子が即位(文武天皇)したため、登美は春宮大夫の官職を解かれたか。大宝元年(701年大宝令における位階制度の制定を通じて従四位下に叙せられた。

大宝2年(702年)10月1日卒去。最終位階は従四位下。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 鈴木真年『百家系図』巻59,路真人

参考文献編集