メインメニューを開く

川越工場(かわごえこうじょう)とは、埼玉県川越市にある東武鉄道の車両工場。東上線川越市駅に隣接する。検査表記の略称は「川越工」。

概要編集

1971年昭和46年)に発足した。東上線越生線所属車両(一部の8000系車両を除く)の全般検査や重要部検査を担当している。現在は南栗橋車両管区の管轄下となっている。

実際の業務は関連会社の東武インターテック株式会社に委託している。

東上線所属車の8000系と10000系は、秩父鉄道を経由し、南栗橋車両管区南栗橋工場へ回送して、そこで検査を行っている。

沿革編集

  • 1914年大正3年)5月:六軒町駅(現・川越市駅)の開業と同時に、車両留置線を駅に隣接して設置。
  • 1929年昭和4年):正式名称を「川越電車庫」と改名。
  • 1971年(昭和46年):東上線系統の電車基地の機能を森林公園駅開業と共に隣接して設置された森林公園検修区に移転した。それと同時に、空いた土地を利用して東上線唯一となる川越工場が発足。
  • 2000年平成12年):川越市駅構内改良に際しては、工場際の留置線が1本増えた。
  • 2004年(平成16年):南栗橋車両管区の管轄下となる。

担当車両編集

東上線車両

上記以外の車両(8000系)については南栗橋車両管区へ回送され検査を受ける。

関連項目編集