メインメニューを開く

東雲寺 (名古屋市)

名古屋市西区の寺

東雲寺(とううんじ)は、愛知県名古屋市西区中小田井にある臨済宗寺院山号龍光山(りゅうこうざん)。

東雲寺
Toun-ji Temple 20170910.jpg
所在地 名古屋市西区中小田井1-331
位置 北緯35度12分47.4秒
東経136度52分44.4秒
座標: 北緯35度12分47.4秒 東経136度52分44.4秒
山号 龍光山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦牟尼如来
創建年 1492年明応元年)
開基 織田常寛
正式名 龍光山東雲寺
地図
東雲寺 (名古屋市)の位置(愛知県内)
東雲寺 (名古屋市)
東雲寺 (名古屋市)の位置(名古屋市内)
東雲寺 (名古屋市)
法人番号 4180005001039
テンプレートを表示

目次

沿革編集

寺伝によれば1384年至徳元年)に創建された長興寺がルーツである。1492年明応元年)に、小田井城主である織田常寛東雲寺として開基となり、美濃国瑞竜寺から慈済禅師を講じて開山した。 1946年昭和21年)には中小田井出町の弘法堂を解体し、弘法堂本尊の弘法大師像などを本寺に移した。[1]

境内編集

境内には、開基織田常寛、津田貫流槍術の祖津田信之夫妻、明治時代の相場師松沢與七の墓や、織田信長を諫めて自刀し果てたとされる平手政秀の首塚がある。[1][2]

所在地編集

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 愛知県郷土資料刊行会 『名古屋区史シリーズ 西区の歴史』、1983年、118頁。
  2. ^ 名古屋市住宅都市局まちづくり企画部歴史まちづくり推進室 『名古屋市中小田井町並み保存事業』、1997年、5頁。

外部リンク編集