松島瀧三

日本の実業家

松島 瀧三(まつしま たきぞう、1893年明治26年)8月[1] - 没年不明)は、日本実業家。日本毛皮革代表[1]

人物編集

福島県西白河郡白河町(現白河市)出身。松島瀧右衛門の六男[1][2][3]。父・瀧右衛門は製革業を営む[4]白河商業卒業[1][2][3]分家した[2][3]。日本毛皮代表、上原商事常務を経て日本毛皮革代表[1]

白河市旭町の「松島家蔵座敷建造物群」は2011年11月11日、歴史的風致形成建造物に指定された[5]。住所は東京世田谷区代田[1]、本郷区本郷[2][3]。宗教は禅宗[1][2][3]

家族・親族編集

松島家 
  • 妻・アイ1902年 - ?、福島、藤沼軍次郎の二女)[1][3]
  • 長男、二男、長女、二女[1]
親戚

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第15版 下』マ27頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『人事興信録 第13版 下』マ92頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 『人事興信録 第14版 下』マ87頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月3日閲覧。
  4. ^ 『帝国信用録 第10版 大正6年』福島県下15頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月12日閲覧。
  5. ^ 歴史的風致形成建造物指定一覧(平成30年6月28日現在)、白河市公式ホームページ

参考文献編集

  • 帝国興信所編『帝国信用録 第10版 大正6年』帝国興信所、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。