白河町

日本の福島県西白河郡にあった町

白河町(しらかわまち)は福島県西白河郡にかつて存在した町である。

しらかわまち
白河町
廃止日 1949年4月1日
廃止理由 新設合併
白河町大沼村白河市
現在の自治体 白河市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
西白河郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 小田川村、大沼村、五箇村古関村白坂村西郷村
白河町役場
所在地 福島県西白河郡白河町
座標 北緯37度07分35秒 東経140度12分39秒 / 北緯37.12639度 東経140.21092度 / 37.12639; 140.21092座標: 北緯37度07分35秒 東経140度12分39秒 / 北緯37.12639度 東経140.21092度 / 37.12639; 140.21092
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

概要編集

現在の白河市1949年(昭和24年)に新設合併によって発足した市であり、本町とは異なる自治体である。

地理編集

現在の白河市、旧白河市の中部に位置する。

町内には阿武隈川が流れている。

歴史編集

町域の変遷編集

変遷表

1868年
以前
明治9年 明治22年
4月1日
昭和24年
4月1日
現在
新町 白河町 白河町 白河市 白河市
天神町
中町
本町
桜町
横町
十文字村
夏梨村
奉公人新田村
学田新田村の一部

経済編集

商工業
  • 須釜嘉平太(銀行業)[1]
  • 須釜治右衛門(足袋商)[1]
  • 佐久間平三郎(金物商)[1]
  • 辺見子之吉(米穀商)[1]
  • 岩淵彌七郎(酒造業)[1]
  • 大島久六(酒造業)[1]
  • 川瀬作兵衛(醸造業)[1]
  • 藤田弥五兵衛(醸造業)[1]

人口・世帯編集

人口編集

総数 [単位: 人]

1889年(明治22年)       10,916
1920年(大正 9年)        18,655
1947年(昭和22年)          27,854

世帯編集

総数 [単位: 世帯]

1920年(大正 9年)       3,399
1947年(昭和22年)      5,830

交通(廃止直前)編集

鉄道編集

道路編集

出身・ゆかりのある人物編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 『日本紳士録 第31版』付録 全国多額納税者 福島県44 - 46頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年7月8日閲覧。

参考文献編集

  • 交詢社編『日本紳士録 第31版』交詢社、1927年。
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 7 福島県』、角川書店、1981年 ISBN 。4040010701、238、388、444、451、452、464、491、492、532、557、605、606、616、732、797、847、968頁。
  • 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180、165頁。

関連項目編集