メインメニューを開く

松島 英雄(まつしま ひでお、1951年7月24日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手投手)。現在は横浜DeNAベイスターズスコアラー

松島 英雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市
生年月日 (1951-07-24) 1951年7月24日(67歳)
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト4位
初出場 1972年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

静岡商業では2年生と3年生の時に夏の甲子園へ連続出場。1968年夏の大会新浦壽夫(のち巨人ほか。同年度生まれだが、定時制から全日制へ編入して1学年下に)がエースであったため三塁手として出場。決勝に進出するが興國に敗れ、準優勝に終わる[1]。新浦はこの年限りで高校を中退し巨人入り。

1969年の3年生時は、エースとして夏の甲子園に出場。準々決勝に進出するが、この大会に優勝した松山商に敗退[1]。しかし秋の長崎国体では決勝に進み、玉島商の松枝克幸(法大-西川物産)との投げ合いを1-0で制し優勝を飾る。同期に藤波行雄(のち中日)、控え投手として1学年下に池谷公二郎(のち広島)がいた。内角をえぐるようにはいってくるシュート。伸びのある速球とコントロールのよいカーブ、スライダーを武器とした。

1969年ドラフト会議大洋ホエールズから4位指名を受け入団。将来の主軸投手として期待され、二軍ではそこそこの成績を残したものの伸び悩み、一軍では未勝利のまま終わった。現役時代の後半は選手登録されていたものの、打撃投手的な扱いであった。1979年現役引退

引退後1980年から1990年まで打撃投手をつとめ、その後スコアラーに転身した。1987年から1991年までは新浦壽夫が同僚だった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1972 大洋 16 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 103 24.1 21 4 12 0 0 11 0 0 10 10 3.75 1.36
1973 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 33 9.0 4 2 3 0 0 4 0 0 2 2 2.00 0.78
1974 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 25 5.0 6 1 4 0 0 2 1 0 3 3 5.40 2.00
通算:3年 25 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 161 38.1 31 7 19 0 0 17 1 0 15 15 3.55 1.30

背番号編集

  • 43 (1970年 - 1979年)
  • 86 (1980年 - 1990年)

脚注編集

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集