メインメニューを開く

松平 与副(まつだいら ともすけ)は、室町時代中期から戦国時代にかけての武士形原松平家の祖。

 
松平与副
時代 室町時代中期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 永正年間の12月21日[1]
改名 庄太郎(幼名)→与副(與副)
別名 与嗣(與嗣)、興嗣(おきつぐ)[2]、通称:又七郎、彦太郎
墓所 愛知県蒲郡市西浦町北馬場の光忠寺
官位 従五位下佐渡守
氏族 形原松平家
父母 父:松平信光、母:牧原又兵衛娘
兄弟 守家昌龍親忠与副光重光英忠景光親家勝親正親則
戸田宗光
貞副(貞嗣)

略歴編集

松平信光の五男[3]として誕生。三河国宝飯郡形原郷に住し750貫を領する[4]

弟・光重は形原松平家との繋がりが強く、与副の没後に菩提寺として光忠寺を建てたと言われる。

脚注編集

  1. ^ 『寛政譜』
  2. ^ 『姓氏』(丹羽基二樋口清之秋田書店1970年)頁227.298.
  3. ^ 『寛政譜』では四男。
  4. ^ 『続藩翰譜』

参考文献編集