メインメニューを開く

松平忠敬

松平忠敬夫妻

松平 忠敬(まつだいら ただのり、安政2年7月14日1855年8月26日) - 大正8年(1919年11月15日)は、武蔵忍藩の第5代(最後)の藩主。奥平松平家13代。

出羽米沢藩主・上杉斉憲の六男。母は松平頼恕の娘。正室は伏見宮邦家親王の十二女・節宮。子は松平忠寿(長男)。官位は従三位

安政2年(1855年)7月14日生まれ。幼名は篤之助。明治2年(1869年)4月、先代藩主の忠誠の養嗣子となる。同年8月19日、養父忠誠の死去により家督を相続し、藩知事に就任した。同年8月24日、従五位に叙任する。その後、藩政改革を行なう。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官されて東京へ移る。

明治5年(1872年)1月、明治政府からイギリスの許可を得る。当初は2年間の自費留学の予定であった。明治7年2月、イギリスへの滞在延長を願い出ている。明治17年(1884年)1月、滋賀県御用掛に就任する。同年7月、子爵となる。しかし、旧藩士の不正事件などがあってその地位を追われ、故郷の米沢に戻って中学校教師を務めた。明治28年(1895年)に東京へ戻り、大正8年(1919年)11月15日に65歳で死去した。墓所は東京都台東区谷中の天眼寺。

日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
奥平松平家初代
1884年 - 1919年
次代:
松平忠寿