メインメニューを開く

松平忠誠 (武蔵国忍藩主)

松平 忠誠(まつだいら ただざね)は、江戸時代末期の大名武蔵国忍藩第4代藩主。奥平松平家12代。

 
松平忠誠
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 天保11年1月5日1840年2月7日
死没 明治2年6月5日1869年7月13日
改名 八五郎(幼名)→忠誠
戒名 霊源院殿潤渓了沢大居士
墓所 埼玉県行田市埼玉の天祥寺
官位 従四位下、下野守、下総
幕府 江戸幕府
主君 徳川慶喜明治天皇
武蔵忍藩
氏族 大久保氏奥平松平家
父母 父:大久保忠声、養父:松平忠国
正室:太田資始の娘
養子:忠敬

生涯編集

大久保忠声下野烏山藩主・大久保忠保の弟)の長男。忍藩の後継として入嗣していた松平忠毅の死により、新たに養子となった。

文久3年(1863年)4月1日、養父・忠国の隠居により家督を譲られる。8月26日従四位下侍従・下総守に叙任する。同日、京都警備のために上洛を命じられ、9月22日に孝明天皇に拝謁する。元治元年(1864年)3月12日には幕府から帰国の許可を得て、4月18日には従四位上左少将に昇進する。8月21日、長州征討に際して江戸警備を命じられる。翌慶応元年(1865年)閏5月2日、長州征討の費用として5千両を献上する。

慶応2年(1866年)5月25日、京都警備を再び命じられ、7月4日に上洛する。10月22日、帰国の許可を得る。

慶応4年(1868年)1月の鳥羽・伏見の戦いの敗北による徳川慶喜の大坂退去にともない、忠誠は紀伊から船で退却した。その後、藩内が新政府軍に抗戦するか恭順するかで二分したとき、忠誠は藩論を一つにまとめられなかったが、隠居の忠国の登場によって藩論は恭順でまとまり、2月に忠誠は新政府に恭順した。明治2年(1869年)6月5日、忠国の後を追うように30歳で没した。