メインメニューを開く

松平 武寛(まつだいら たけひろ)は、江戸時代中期の大名上野国館林藩2代藩主。官位従五位下主計頭右近衛将監越智松平家4代。

 
松平武寛
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦4年10月7日1754年11月20日
死没 天明4年3月26日1784年5月15日
戒名 大隆院恒山
墓所 東京都荒川区東日暮里善性寺
官位 従五位下主計頭右近衛将監
幕府 江戸幕府奏者番
主君 徳川家治
上野館林藩
氏族 越智松平家
父母 父:松平武元、母:石井氏
兄弟 武寛戸田氏教松平忠泰正室、房姫、
安藤信成正室、松平忠済正室、
森忠興正室、泰、侶姫ら
正室:松平頼恭
斉厚松平乗友正室、井上正甫継室
テンプレートを表示

生涯編集

宝暦4年(1754年)10月7日、先代藩主・松平武元の四男として誕生。兄3人の早世により嫡子となり、明和5年(1768年)に主計頭に任官する。安永8年(1779年)、父の死去により家督を継ぎ、右近将監に遷任する。安永9年(1780年)に奏者番に任じられる。天明3年(1783年)の天明の大飢饉で大被害を受けたため、救済に尽力し、同時に90歳以上の高齢者に米を与えるなどしている。

天明4年(1784年)3月26日に死去、享年31。跡を長男・斉厚が継いだ。

系譜編集