メインメニューを開く

松平頼多

江戸時代中期の大名。宍戸藩第4代藩主

松平 頼多(まつだいら よりた、享保7年12月15日1723年1月21日) - 明和3年11月20日1766年12月21日))は、常陸宍戸藩の第4代藩主。第3代藩主・松平頼慶の長男。母は浦上正勝の娘。正室は亀井茲胤の養女(亀井矩致の娘)。子は頼洽(長男)、喜多(松平頼救正室)。官位は従五位下、大炊頭。

寛保2年(1742年)、父の死去により跡を継ぐ。明和3年(1766年)11月20日に45歳で死去。長男の頼洽と次男が早世していたため、婿養子の頼救が跡を継いだ。法号は慧高院殿通誉快安智洞大居士。墓所は茨城県常陸太田市瑞龍山