松平頼英

江戸時代末期の大名。西条藩第10代藩主

松平 頼英(まつだいら よりひで)は、江戸時代後期の大名伊予西条藩10代(最後の)藩主。のち藩知事子爵

 
松平頼英
Matsudaira Yorihide.jpg
松平頼英
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保14年9月22日1843年10月15日
死没 明治38年(1905年12月3日
改名 勇之進(幼名)、頼英
戒名 徳本院殿頼英義道日慈大居士
墓所 東京都大田区池上本門寺
官位 従四位下左近衛権少将侍従正三位
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
伊予西条藩
氏族 紀州徳川家支流西条松平家
父母 松平頼学、山野井氏
兄弟 靖姫、久松丸、銐丸、充千代、粒姫、
悌姫、徳之丞、頼英徳川茂承
阿部正備長女貞子
奥田氏
鏺姫、哲丸、猪久姫、澄子、輝子、頼和
テンプレートを表示

生涯編集

天保14年(1843年)9月22日、西条藩9代藩主・松平頼学の五男(六男との説もある)として誕生。幼名は勇之進。4人の兄や頼学の婿養子であった頼永の早世などにより世子となる。

文久2年(1862年)11月21日、父の隠居により家督を継いだ。明治元年(1868年)の戊辰戦争では、親藩ながら官軍側に与している。明治2年(1869年)6月、版籍奉還により藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官されて東京府へ移った。明治17年(1884年)に子爵となる。

明治38年(1905年)12月3日、死去した。享年63(満62歳没)。

栄典編集

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第1351号、「叙任及辞令」1887年12月28日。
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
西条松平家初代
1884年 - 1905年
次代:
松平頼和