メインメニューを開く

松平頼胤

江戸時代幕末期の大名。高松藩第10代藩主
松平頼胤

松平 頼胤(まつだいら よりたね、文化7年12月22日1811年1月16日) - 明治10年(1877年12月30日) は、幕末大名讃岐国高松藩の第10代藩主。

第8代藩主松平頼儀の次男。母は藤木氏。第9代藩主松平頼恕の養子。正室徳川家斉の十七女・文姫(徳川家慶妹)。子に松平頼温(六男)、松平頼和(七男)、娘(大原重実室)、娘(松平頼策正室)ら。官位正四位左近衛権中将、宮内大輔、讃岐守、玄蕃頭。幼名を雄丸、名は都太郎、貞五郎。字は舜民。

生涯編集

文政元年(1818年)、頼恕の養嗣子となる。天保13年(1842年)、先代・頼恕の死去により家督を継ぐ。弘化元年(1844年)、幕命により若年の水戸藩徳川慶篤の藩政を補佐した。安政4年(1857年)から翌年の将軍継嗣問題日米修好通商条約の勅許問題においては、大老井伊直弼につき、本藩である水戸藩を圧迫している。その後、桜田門外の変による井伊直弼暗殺もあり、文久元年(1861年)7月、蟄居を命じられたため、養子で頼恕の四男の頼聰に家督を譲って隠居した。明治4年(1871年)、東京に移る。明治10年(1877年)没、68歳。法諱は善得。